Main Content

MIL-188 QAM Modulator Baseband

MIL-STD-188-110 B/C 標準固有の直交振幅変調 (QAM)

  • MIL-188 QAM Modulator Baseband block

ライブラリ:
Communications Toolbox / Modulation / Digital Baseband Modulation / AM
Communications Toolbox / Modulation / Digital Baseband Modulation / Standard-Compliant

説明

MIL-188 QAM Modulator Baseband ブロックは、MIL-STD-188-110標準固有の直交振幅変調 (QAM) を使用して、入力信号を変調します。

すべて展開する

MIL-STD-188 QAM をランダム データ シンボルに適用し、変調された信号を AWGN チャネル経由で渡し、信号コンスタレーションをプロットします。

cm_ex_mil188_qam_mod モデルは変調次数 16 で構成されています。目的の結果を得るには、モデル内のブロックすべての構成を同じ変調次数に揃える必要があります。InitFcn コールバックはワークスペース変数 M = 16 を定義します。この変数は以下を設定するために使用されます。

Constellation Diagramブロックには、[カスタム] に設定された [基準コンスタレーション] パラメーターと、変調器ブロックの変調設定に合わせて設定された [カスタム値] パラメーターがあります。値を確認するには、コンスタレーション ダイアグラム ウィンドウの [プロット] タブで [基準コンスタレーション] を開きます。

AWGN チャネル ブロックの EbN0 を 20 dB に設定してモデルを実行し、コンスタレーション ダイアグラムを表示します。

AWGN チャネル ブロックの EbN0 を 10 dB に変更します。モデルを実行し、プロットされたコンスタレーション ダイアグラムに示されているノイズの増加を観察します。

別の変調次数でモデルを実行してみることができます。変調次数を調整するには、以下を揃える必要があります。

  • MIL-188 QAM Modulator Basebandブロックの [変調次数] 設定。MIL-188 QAM Modulator Basebandブロックの [変調次数] を設定するには、ブロック マスクでドロップダウン リストから値を選択します。

  • ワークスペース変数 M の値。

  • Constellation Diagram ブロックの [基準コンスタレーション]

これらのパラメーターが互いに揃わない場合、基準コンスタレーションと入力信号は適切なコンスタレーションを作成しません。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。入力信号は、バイナリ値または [0, (M – 1)] の範囲の整数でなければなりません。ここで、M は [変調次数] です。この端子はブロックで名前なしになります。

メモ

入力信号をバイナリの要素として処理するには、[入力タイプ] パラメーター値を [ビット] に設定します。バイナリ入力の場合、行数は log2(M) の整数倍でなければなりません。列の log2(M) ビットのグループがシンボルにマッピングされます。ここで、最初のビットは MSB を表し、最後のビットは LSB を表します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean

出力

すべて展開する

MIL-STD-188 標準固有の QAM 変調信号。複素数のスカラー、ベクトル、行列として返されます。出力信号の次元は、指定した [入力タイプ] パラメーターの値によって異なります。この端子はブロックで名前なしになります。

Input type出力信号の次元
Integer出力信号の次元は入力信号と同じです。
ビット出力信号の行数は、log2(M) で除算した入力信号の行数と等しくなります。ここで、M は変調次数です。

[出力データ型] を使用して、出力データ型を指定します。

データ型: double | single

パラメーター

すべて展開する

ブロック パラメーターを対話的に編集するには、プロパティ インスペクターを使用します。Simulink® ツールストリップの [シミュレーション] タブの [準備] ギャラリーで [プロパティ インスペクター] を選択します。

変調の順序、M。163264、または 256 として指定します。変調次数は出力信号のコンスタレーション点の合計数を指定します。

コンスタレーション スケーリング設定。次のように指定します。

  • As specified in standard – ブロックは関連する規格[1]の仕様に基づいてコンスタレーションをスケーリングします。

  • Unit average power – ブロックは 1 オームを基準とした 1 ワットの平均電力にコンスタレーションをスケーリングします。

入力タイプ。[Integer] または [Bit] として指定します。[Integer] を使用するには、入力信号が [0, (M – 1)] の範囲の整数で構成されなければなりません。[ビット] を使用するには、入力信号はバイナリ値を含まなければならず、行数は log2(M) の整数倍でなければなりません。ここで、M は変調次数です。

出力のデータ型。double または single として指定します。

基準コンスタレーションをプロットするには、[View Constellation] ボタンをクリックします。

実行するシミュレーションのタイプ。次のように指定します。

  • コード生成 –– 生成された C コードを使用してモデルをシミュレートします。シミュレーションの初回実行時、Simulink は対象ブロックの C コードを生成します。この C コードは、モデルが変更されない限り以降のシミュレーションで再利用されます。このオプションを使用すると、シミュレーションの起動時間は長くなりますが、以降のシミュレーションの速度は [インタープリター型実行] と同程度です。

  • インタープリター型実行 –– MATLAB® インタープリターを使用してモデルをシミュレートします。このオプションを使用すると、シミュレーションの起動時間が短縮され、シミュレーションの速度は [コード生成] と同程度になります。[インタープリター型実行] モードで、ブロックのソース コードをデバッグできます。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | integer | single

多次元信号

あり

可変サイズの信号

なし

詳細

すべて展開する

参照

[1] MIL-STD-188-110B & C: "Interoperability and Performance Standards for Data Modems." Department of Defense Interface Standard, USA.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2018b で導入