Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

comm.GeneralQAMModulator

任意の QAM コンスタレーションの変調

説明

GeneralQAMModulator オブジェクトは、直交振幅変調を使用して変調します。出力は、変調信号のベースバンド表現です。

直交振幅変調を使用して信号を変調するには、以下の手順に従います。

  1. QAM 変調器オブジェクトを定義および設定します。構築を参照してください。

  2. step を呼び出して、comm.GeneralQAMModulator のプロパティに従い、信号を変調します。step の動作は、ツールボックスの各オブジェクト固有のものです。

メモ

R2016b 以降では、step メソッドを使用して、System object™ によって定義された演算を実行する代わりに、引数を関数であるかのように使ってオブジェクトを呼び出すことができます。たとえば、y = step(obj,x)y = obj(x) は同等の演算を実行します。

構築

H = comm.GeneralQAMModulator は変調器 System object H を作成します。このオブジェクトは、一般的な直交振幅変調 (QAM) メソッドを使用する入力信号を変調します。

H = comm.GeneralQAMModulator(Name,Value) は、指定の各プロパティが指定の値に設定された QAM 変調器オブジェクト H を作成します。(Name1,Value1,...,NameN,ValueN) のように、追加の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

H = comm.GeneralQAMModulator(CONST,Name,Value) は、一般的な QAM 変調器オブジェクト H を作成します。このオブジェクトは、Constellation プロパティを CONST に設定し、指定の他のプロパティは指定の値に設定しています。

プロパティ

Constellation

コンスタレーション

コンスタレーション点を実数または複素数の倍精度データ型のベクトルとして指定します。既定の設定は exp(2×π×1i×(0:7)8) です。ベクトルの長さが変調次数を決定します。step メソッド入力は、0 から M–1 の範囲の整数であることが必要です。ここで、M はこのプロパティ ベクトルの長さを示します。オブジェクトは入力整数 m をコンスタレーション ベクトルの (m+1)st 値にマップします。

OutputDataType

出力のデータ型

出力データ型を、doublesingle または Custom のいずれかとして指定します。既定の設定は double です。

 固定小数点プロパティ

メソッド

step任意の QAM コンスタレーションの変調
すべての System object に共通
release

System object のプロパティ値の変更の許可

任意の 3 点コンスタレーションを使ってデータを変調します。その後、散布図でデータ イメージを表示します。

       hQAMMod = comm.GeneralQAMModulator;     
  % Setup a three point constellation
       hQAMMod.Constellation = [1 1i -1];
       data = randi([0 2],100,1);
       modData = step(hQAMMod, data);
       scatterplot(modData)

アルゴリズム

このオブジェクトは、General QAM Modulator Baseband ブロックのリファレンス ページで説明されているアルゴリズム、入力、および出力を実装しています。オブジェクト プロパティはブロック パラメーターに対応します。

拡張機能

参考

関数

オブジェクト

R2012a で導入