Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

genqamdemod

一般的な直交振幅復調

説明

z = genqamdemod(y,const) は、const で指定された信号マッピングを使用して、直交振幅変調信号の複素エンベロープ y を復調します。

すべて折りたたむ

六角形のコンスタレーションを描く点を作成します。

inphase = [1/2 1 1 1/2 1/2 2 2 5/2];
quadr = [0 1 -1 2 -2 1 -1 0];
inphase = [inphase;-inphase]; inphase = inphase(:);
quadr = [quadr;quadr]; quadr = quadr(:);
const = inphase + 1i*quadr;

コンスタレーションをプロットします。

h = scatterplot(const);

入力データのシンボルを生成します。このコンスタレーションを使用してシンボルを変調します。

x = [3 8 5 10 7];
y = genqammod(x,const);

変調した信号 y を復調します。

z = genqamdemod(y,const);

変調した信号を同じ Figure にプロットします。

hold on;
scatterplot(y,1,0,'ro',h);
legend('Constellation','Modulated signal');

復調したデータと元のシーケンスの間のシンボル誤り数を求めます。

numErrs = symerr(x,z)
numErrs = 0

入力引数

すべて折りたたむ

複素エンベロープ。数値のスカラー、ベクトル、行列または 3 次元配列として指定します。y が複数の行をもつ行列の場合、この関数は行を個別に処理します。

信号マッピング。複素数ベクトルとして指定します。

データ型: double | single
複素数のサポート: あり

出力引数

すべて折りたたむ

メッセージ信号。数値のスカラー、ベクトル、行列または 3 次元配列として返されます。メッセージ信号は 0 ~ length(const)–1 の整数で構成されます。z のデータ型は入力 x のデータ型と同じです。

データ型: double | single

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入