RoadRunner

自動運転シミュレーション用の 3D シーンの設計

RoadRunner は、自動運転システムのシミュレーションとテストのための 3D シーンを設計できる対話型のエディターです。地域特有の道路標識や路面標示を作成することにより、道路シーンをカスタマイズできます。標識、信号機、ガードレール、道路の損傷のほか、樹木、建物、その他の 3D モデルを挿入することができます。RoadRunner には、交差点での信号機のタイミング、順序、車両の経路を設定および構成するためのツールが用意されています。

RoadRunner は、LIDAR 点群、航空画像、GIS データの可視化をサポートしています。OpenDRIVE® を使用すれば、道路ネットワークのインポートやエクスポートを行うことができます。RoadRunner で作成した 3D シーンは、FBX®、glTF™、OpenFlight、OpenSceneGraph、OBJ、および USD 形式でエクスポートできます。エクスポートしたシーンは、CARLA、Vires VTD、NVIDIA DRIVE Sim®、LGSVL、Baidu Apollo®、Unity®、Unreal® Engine などの自動運転シミュレーターやゲームエンジンで使用できます。

RoadRunner Asset Library を使用すれば、視覚的に整合性のある多数のリアルな 3D モデルを 3D シーンにすばやく取り込むことができます。 RoadRunner Scene Builder は HD マップから 3D 道路モデルを自動生成します。

詳細を見る:

道路と 3D シーンのモデル化

RoadRunner を使用して、交差点、橋、環状交差点、登坂車線、路面標示で構成された、相互に接続されたリアルで複雑な道路ネットワークを作成します。

道路のモデル化

カーブや縦断勾配のほか、断面構成、バンク、反りなどの組み合わせを指定して、道路の形状を作成します。

複雑な交差点

合流、分岐、環状交差点を含む複雑な交差点を設計します。

路面標示

車線区分線、ステンシル、カスタムグラフィックスを使用して、路面の詳細情報を追加します。

事前構築済みのカスタマイズ可能なアセットと標識

RoadRunner Asset Library の 3D モデルのライブラリを使用して、RoadRunner のシーンを構築します。カスタマイズ可能な地域特有の道路標識、フェンス、標識、支柱、照明、その他の道路要素を作成して配置します。

RoadRunner Asset Library

事前構築済みのアセットのライブラリを活用しましょう。このライブラリには、道路や高速道路の標識、信号機、路面標示、樹木、フェンスのほか、亀裂や油こぼれを含む道路のテクスチャなど、数百のモデルが用意されています。

RoadRunner Asset Library の事前構築済みのアセットを活用します。

道路標識のカスタマイズ

組み込まれている道路標識エディターを使用して、カスタム標識の作成時にテキストとグラフィックスを組み合わせます。Unicode をサポートする国際的な標識や地域特有の標識を作成します。

機能的な道路ネットワークと信号機

シミュレーション環境ですぐに使用できる道路ネットワークと信号機を設計します。

複雑な道路ネットワーク

車線と交差点が接続された道路ネットワークを生成し、自動車および交通シミュレーション環境で使用します。

信号機

組み込まれている信号機のタイムラインと対話型のビューポートコントロールを使用して、信号機の順序とタイミングを編集します。

GIS インポート

航空画像、標高データ、Lidar 点群、道路マップをインポートして、RoadRunner で物理的な位置を正確に表すことにより、実際の位置で 3D シーンを構築します。

標高マップを RoadRunner にインポートします。

シミュレーターへのエクスポート

RoadRunner で作成したシーンを、openDRIVE、FBX、glTF、OpenFlight、OpenSceneGraph、OBJ、USD などの業界標準形式にエクスポートします。RoadRunner のシーンは、CARLA、Vires VTD、NVIDIA DRIVE Sim、Cognata、Metamoto® LGSVL、Baidu Apollo、Unity、Unreal Engine など、さまざまなシミュレーターやゲームエンジンにエクスポートできます。

RoadRunner からシーンをエクスポートします。