RoadRunner Asset Library

3DモデルのライブラリをRoadRunnerシーンに追加

RoadRunner Asset Library は、RoadRunner で作成された 3D シーン用の 3D モデルとアセットのセットです。このライブラリには、道路や高速道路の標識、信号機、路面標示、樹木、フェンスのほか、亀裂や油のこぼれを含む道路損傷のテクスチャなど、数百のモデルが用意されています。すべてのモデルは専門的な知識に基づいて設計されており、視覚的な整合性があります。

今すぐ始める:

道路標識

ドイツやイギリスなどさまざまな国の数百もの道路標識や交通標識を使用することができます。

ライブラリの道路と交通標識を利用できます。

道路要素と樹木

ガードレール、車線反射板、スピードバンプ、交通安全および工事用標示板、トラス、都市要素、車両、樹木、低木など、さまざまな道路要素や樹木をライブラリで探すことができます。

ライブラリから、道路要素と樹木を選択します。

信号機

ライブラリで、さまざまな地域構成の機能的な信号機および信号機コンポーネントを検索するか、テンプレートから独自にカスタマイズします。

ライブラリで信号機を探します。

RoadRunner

自動運転シミュレーション用の 3D シーンを設計します。

RoadRunner

RoadRunner は、自動運転システムのシミュレーションとテストのための 3D シーンを設計できる対話型のエディターです。地域特有の道路標識や路面標示を作成することにより、道路シーンをカスタマイズできます。標識、信号機、ガードレール、道路の損傷のほか、樹木、建物、その他の 3D モデルを挿入することができます。RoadRunner には、交差点での信号機のタイミング、順序、車両の経路を設定および構成するためのツールが用意されています。

RoadRunner は、LIDAR 点群、航空画像、GIS データの可視化をサポートしています。OpenDRIVE® を使用すれば、道路ネットワークのインポートやエクスポートを行うことができます。RoadRunner で作成した 3D シーンは、FBX®、glTF™、OpenFlight、OpenSceneGraph、OBJ、および USD 形式でエクスポートできます。エクスポートしたシーンは、CARLA、Vires VTD、NVIDIA DRIVE Sim®、LGSVL、Baidu Apollo®、Unity®、Unreal® Engine などの自動運転シミュレーターやゲームエンジンで使用できます。

RoadRunner を使用して、自動運転システムのシミュレーションとテストのための 3D シーンを設計します。

新機能

RoadRunner Asset Library

Library of prebuilt professionally created assets including road and highway signs, traffic signals, road surface markings, trees, barriers, and road damage textures, including cracks and oil spills.

See release notes for details on any of these features and corresponding functions.