Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ラベル付けでのカスタム イメージ ソース リーダーの使用

ビデオ ラベラー アプリやグラウンド トゥルース ラベラー (Automated Driving Toolbox) アプリ (Automated Driving Toolbox™ が必要) を使用すると、ビデオやイメージのシーケンスに含まれるグラウンド トゥルース データにラベルを付けることができます。

カスタム リーダーを使用して、VideoReader オブジェクトまたは関数 imread でサポートされる任意のビデオまたはイメージのシーケンスをインポートできます。はじめに、カスタム リーダー関数を作成します。次に、このカスタム リーダー関数および対応するイメージ データ ソースをビデオ ラベラー アプリか グラウンド トゥルース ラベラー アプリに読み込みます。イメージ ラベラー アプリは、カスタム データ ソース リーダーをサポートしていません。

カスタム リーダー関数の作成

はじめに、カスタム リーダーを関数ハンドルとして指定します。カスタム リーダーの構文は次のとおりでなければなりません。

outputImage = readerFcn(sourceName,currentTimestamp)
この例では、readerFcn がカスタム リーダー関数の名前です。

カスタム リーダー関数は、currentTimestamp で指定された現在のタイムスタンプに対応する sourceName からイメージを読み込みます。たとえば、1 秒から 5 秒まで続くタイムスタンプのベクトル duration における 3 番目のタイムスタンプのイメージを読み込みたいとします。currentTimestamp を指定するために、MATLAB® コマンド プロンプトで次のコードを入力します。

timestamps = seconds(1:5);
currIdx = 3;
currentTimestamp = timestamps(currIdx);

カスタム関数の出力 outputImage は、関数 imshow によってサポートされる任意の形式のグレースケール イメージまたは RGB イメージでなければなりません。出力 currentTimestamp は、関数が実行している現在のフレームに対応するスカラー値です。

ビデオ ラベラー アプリへのデータ ソースのインポート

カスタム データ ソースをビデオ ラベラー アプリにインポートするには、まず groundTruthDataSource オブジェクトを作成します。このオブジェクトにデータ ソース ファイルとタイムスタンプが格納されます。次の構文を使用して、データ ソースの名前、データを読み取るカスタム リーダーの関数ハンドル、タイムスタンプを指定します。

gtSource = groundTruthDataSource(sourceName,readerFcn,timestamps)

このオブジェクトをアプリに読み込むために、MATLAB コマンド プロンプトで次のコードを入力します。

videoLabeler(gtSource)

あるいは、ビデオ ラベラー アプリのツールストリップで、[読み込み][カスタム リーダー] を選択します。次に [カスタム データ ソースの読み込み] ダイアログ ボックスで、[カスタム リーダー関数] を関数ハンドルとして指定し、さらに [データ ソース名] を指定します。さらに、MATLAB ワークスペースから対応するタイムスタンプをインポートしなければなりません。

グラウンド トゥルース ラベラー アプリへのデータ ソースのインポート

カスタム イメージ データ ソースをグラウンド トゥルース ラベラー (Automated Driving Toolbox) アプリにインポートするには、アプリのツールストリップで、[開く][信号を追加] を選択します。次にダイアログ ボックスで、[ソース タイプ][Custom Image] に設定します。そして、カスタム リーダー関数、データ ソース名、タイムスタンプを指定し、[ソースの追加] をクリックすると、イメージ データ ソースを読み込めます。

参考

アプリ

オブジェクト

関連するトピック