Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Computer Vision Toolbox

コンピューター ビジョン、3 次元ビジョン、および動画処理システムの設計とテスト

Computer Vision Toolbox™ は、コンピューター ビジョン、3 次元ビジョン、動画処理システムを設計しテストするためのアルゴリズム、関数およびアプリを提供します。オブジェクトの検出と追跡に加え、特徴の検出、抽出およびマッチングを実行できます。単一カメラ、ステレオ カメラ、魚眼カメラのキャリブレーション ワークフローを自動化できます。3 次元ビジョン向けの機能として、ツールボックスでは、Visual SLAM、点群 SLAM、ステレオ ビジョン、structure from motion、および点群処理をサポートしています。コンピューター ビジョン アプリは、グラウンド トゥルースのラベル付けとカメラ キャリブレーションのワークフローを自動化します。

YOLO v2、SSD、ACF などの深層学習と機械学習のアルゴリズムにより、カスタム オブジェクト検出器に学習させることができます。セマンティック セグメンテーションとインスタンス セグメンテーションには、U-Net や Mask R-CNN などの深層学習アルゴリズムを利用できます。ツールボックスには、大きすぎてメモリに収まらないイメージの解析に使用できる、オブジェクトの検出およびセグメンテーション用アルゴリズムが用意されています。事前学習済みのモデルを使って、顔、歩行者、その他の一般的なオブジェクトを検出できます。

マルチコア プロセッサや GPU で実行してアルゴリズムを高速化できます。ツールボックス アルゴリズムでは、既存のコード、デスクトップ プロトタイピング、組み込みビジョン システムの展開と統合するために C/C++ コード生成がサポートされています。

Computer Vision Toolbox 入門

Computer Vision Toolbox の基礎を学ぶ

特徴の検出と抽出

イメージのレジストレーション、関心点の検出、特徴記述子の抽出、特徴点のマッチング、および画像検索

イメージとビデオのグラウンド トゥルースのラベル付け

オブジェクト検出、セマンティック セグメンテーション、インスタンス セグメンテーション、およびイメージ分類のためのイメージとビデオの対話形式でのラベル付け

認識、オブジェクト検出、およびセマンティック セグメンテーション

特徴量を使用した認識、分類、セマンティック イメージ セグメンテーション、オブジェクト検出、ならびに CNN、YOLO、SSD を使用した深層学習オブジェクトの検出

カメラのキャリブレーション

ピンホール カメラ モデルと魚眼カメラ モデルを使用して、単一カメラまたはステレオ カメラをキャリブレーションし、カメラの内部パラメーター、外部パラメーター、および歪みパラメーターを推定する

structure from motion と Visual SLAM

ステレオ ビジョン、三角形分割、3 次元再構成、および Visual simultaneous localization and mapping (vSLAM)

点群の処理

幾何学的形状の前処理、可視化、レジストレーション、近似、ならびにマップのビルド、SLAM アルゴリズムの実装、3 次元点群を使った深層学習の使用

追跡と動き推定

オプティカル フロー、アクティビティ認識、動き推定および追跡

コード生成、GPU、サードパーティ サポート

C/C++ コードおよび GPU コードの生成と高速化、HDL コード生成、MATLAB および Simulink 用の OpenCV インターフェイス

コンピューター ビジョンと Simulink

コンピューター ビジョン アプリケーションに対する Simulink のサポート