最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

nsegments

区分的分布のセグメント数

説明

n = nsegments(pd) は、区分的分布オブジェクト pd のセグメント数を返します。

すべて折りたたむ

標本データセットを生成し、paretotails を使用して、裾がパレート分布になっている区分的分布をデータにあてはめます。オブジェクト関数 nsegments を使用して、あてはめた分布のセグメント数を求めます。

右裾に 10% の外れ値が含まれている標本データセットを生成します。

rng('default');  % For reproducibility
right_tail = exprnd(5,100,1);
center = randn(900,1);
x = [center;right_tail];

区分的分布を x にあてはめることにより paretotails オブジェクトを作成します。下裾と上裾の累積確率を使用して、裾の境界を指定します。0 と 0.9 を渡します。これにより、あてはめたオブジェクトは、下裾のセグメントが含まれず、データセットの下位 90% については経験的分布、上位 10% については一般化パレート分布 (GPD) から構成されるようになります。

pd = paretotails(x,0,0.9)
pd = 
Piecewise distribution with 2 segments
   -Inf < x < 1.73931  (0 < p < 0.9): interpolated empirical cdf
    1.73931 < x < Inf  (0.9 < p < 1): upper tail, GPD(0.643752,1.62246)

関数 nsegments を使用して、pd のセグメント数を取得します。

n = nsegments(pd)
n = 2

セグメント数は、NumSegments プロパティを使用して取得することもできます。NumSegments プロパティにアクセスするには、ドット表記を使用します。

pd.NumSegments
ans = 2

入力引数

すべて折りたたむ

パレート分布の裾をもつ区分的分布。paretotails オブジェクトを指定します。

R2007a で導入