最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

boundary

説明

[p,q] = boundary(pd) は、区分的分布 pd におけるセグメント間の境界点を返します。p は境界における累積確率のベクトル、q は対応する分位数のベクトルです。

[p,q] = boundary(pd,j) は、j 番目の境界の境界値を返します。

すべて折りたたむ

標本データセットを生成し、パレート分布の裾をもつ区分的分布を生成されたデータにあてはめることにより、paretotails オブジェクトを作成します。オブジェクト関数 boundary を使用して、paretotails オブジェクトのセグメント間の境界点を求めます。

20% の外れ値が含まれている標本データセットを生成します。

rng('default');  % For reproducibility
left_tail = -exprnd(1,100,1);
right_tail = exprnd(5,100,1);
center = randn(800,1);
x = [left_tail;center;right_tail];

区分的分布を x にあてはめることにより paretotails オブジェクトを作成します。あてはめたオブジェクトがデータセットの中間 80% については経験的分布、データセットの下位および上位 10% については一般化パレート分布 (GPD) から構成されるように、下裾と上裾の累積確率を使用して裾の境界を指定します。

pd = paretotails(x,0.1,0.9)
pd = 
Piecewise distribution with 3 segments
      -Inf < x < -1.33251    (0 < p < 0.1): lower tail, GPD(-0.0063504,0.567017)
   -1.33251 < x < 1.80149  (0.1 < p < 0.9): interpolated empirical cdf
        1.80149 < x < Inf    (0.9 < p < 1): upper tail, GPD(0.24874,3.00974)

関数 boundary を使用して、区分的セグメント間の境界値を取得します。

[p,q] = boundary(pd)
p = 2×1

    0.1000
    0.9000

q = 2×1

   -1.3325
    1.8015

p 内の値は境界における累積確率、q 内の値は対応する分位数です。

paretotails オブジェクトの cdf をプロットし、Figure で境界点をマークします。

xi = sort(x);
plot(xi,cdf(pd,xi))
hold on
plot(q,p,'ro')
legend('Pareto Tails Object','Boundary Points','Location','best')
hold off

入力引数

すべて折りたたむ

パレート分布の裾をもつ区分的分布。paretotails オブジェクトを指定します。

どの境界を返すかを指定する境界のインデックス。正の整数を指定します。

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

各境界における累積確率。範囲 (0,1) の値から構成される数値ベクトルとして返されます。

各境界における分位数。数値ベクトルとして返されます。

R2007a で導入