ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

plotResiduals

クラス: GeneralizedLinearModel

一般化線形回帰モデルの残差プロット

構文

plotResiduals(mdl)
plotResiduals(mdl,plottype)
h = plotResiduals(...)
h = plotResiduals(mdl,plottype,Name,Value)

説明

plotResiduals(mdl) は、mdl 非線形モデルの残差のヒストグラム プロットを作成します。

plotResiduals(mdl,plottype) は、タイプ plottype のプロットで残差をプロットします。

h = plotResiduals(...) は、プロットのラインのハンドルを返します。

h = plotResiduals(mdl,plottype,Name,Value) は、追加のオプションを使用してプロットします。このオプションは Name,Value のペアの引数で指定されたものです。

入力引数

mdl

fitglm または stepwiseglm によって構築される一般化線形モデル。

plottype

プロットのタイプを指定する文字ベクトルまたは string スカラー。

'caseorder'残差とケース (行) 順の比較
'fitted'残差と近似値の比較
'histogram'ヒストグラム
'lagged'残差とラグ付き残差の比較 (r(t) と r(t–1))
'probability'正規確率プロット
'symmetry'対称性プロット

既定値: 'histogram'

名前と値のペアの引数

オプションの引数 Name,Value のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で閉じなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

メモ

プロットのプロパティ名と値のペアが最初に返されたハンドル h(1) に適用されます。

'Color'

ラインまたはマーカーの色。ColorSpec 仕様。詳細は、linespec を参照してください。

'LineStyle'

ラインのタイプ。Line のプロパティ 仕様。詳細は、linespec を参照してください。

'LineWidth'

ラインまたは塗りつぶし領域のエッジの幅、ポイント数、正のスカラー値。1 ポイントは 1/72 インチに相当します。

既定値: 0.5

'MarkerEdgeColor'

マーカーの色、または塗りつぶされたマーカーのエッジの色。ColorSpec 仕様。詳細は、linespec を参照してください。

'MarkerFaceColor'

マーカーの塗りつぶしに使用するマーカーの面の色。ColorSpec 仕様。詳細は、linespec を参照してください。

'MarkerSize'

ポイント単位のマーカーのサイズ、厳密に正のスカラー値。1 ポイントは 1/72 インチに相当します。

'ResidualType'

プロットで使用した残差のタイプ。

'Raw'観測した値から近似した値を減算した値
'LinearPredictor'調整応答値から予測子の近似線形結合を減算した値に等しい、線形予測子のスケールでの残差
'Pearson'RMSE で除算した生の残差
'Anscombe'歪度を削除するために選択した変換で変換データに対して定義された残差
'Deviance'観測の逸脱度への寄与に基づく残差。

既定値: 'Raw'

出力引数

h

プロットのラインまたはパッチに対するハンドルのベクトル。

すべて展開する

近似された一般化線形モデルの残差プロットを作成します。

元となる 2 つの予測子 X(1) および X(2) のポアソン乱数で、モデルのための人為的なデータを生成します。

rng('default') % for reproducibility
rndvars = randn(100,2);
X = [2+rndvars(:,1),rndvars(:,2)];
mu = exp(1 + X*[1;2]);
y = poissrnd(mu);

ポアソン データの一般化線形回帰モデルを作成します。

mdl = fitglm(X,y,'y ~ x1 + x2','distr','poisson');

既定の残差プロットを作成します。

plotResiduals(mdl)

確率プロットを作成します。裾における残差は、より分散しているので、正規分布に一致しません。

plotResiduals(mdl,'probability')

Anscombe タイプの近似残差のプロットを作成します。

plotResiduals(mdl,'fitted','ResidualType','Anscombe')

詳細

すべて展開する

ヒント

  • 多くのプロットでは、任意のデータ点の x の値と y の値、および観測名または観測番号が、Figure ウィンドウのデータ カーソル ツールに表示されます。