ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

exppdf

指数確率密度関数

構文

Y = exppdf(X,mu)

説明

Y = exppdf(X,mu) は、平均パラメーター mu を使用して、X の各値で評価された指数分布の確率密度関数を返します。Xmu は、同じサイズのベクトル、行列、または多次元配列になります。スカラー入力は、他の入力と同じ次元の定数配列に展開されます。mu のパラメーターは、正の値でなければなりません。

指数確率密度関数は、次の式で表されます。

y=f(x|μ)=1μexμ

指数確率分布関数は、最初のパラメーター が 1 に等しいガンマ確率分布関数になります。

追加の時間を待つ確率が、今までどのくらい待ったかということと独立であると考えるとき、指数確率分布関数は、待ち時間のモデリングに適しています。たとえば、電球が次の使用時間内に、故障してしまう確率は、今までに何分間使用したかということとは相対的に独立しています。

y = exppdf(5,1:5)
y =
  0.0067  0.0410  0.0630  0.0716  0.0736

y = exppdf(1:5,1:5)
y =
  0.3679  0.1839  0.1226  0.0920  0.0736

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

| | | | | |

トピック

R2006a より前に導入