ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グラフィカル関数

ロジックおよび反復ループのパターンを含むフロー チャートを作成する

ステートを一切使わずに、コネクティブ ジャンクションと遷移を組み合わせてフロー チャートを作成します。モジュール式の再利用可能なロジックを作成するには、フロー チャートをグラフィカル関数にカプセル化します。パターン ウィザードを使用して、MathWorks Automotive Advisory Board (MAAB) のガイドラインを満たすパターンを生成します。

トピック

チャートの再利用可能な関数

ステートと遷移で関数呼び出しを指定します。

グラフィカル関数の定義によるロジック パターンの再利用

Stateflow® チャート内でフロー チャートを作成して実行する。

Stateflow におけるフロー チャート

組み合わせ論理をグラフィカル形式で表現する。

パターン ウィザードを使用したフロー チャートの作成

パターン ウィザードを使用して MAAB 準拠のフロー チャートを生成する。

再利用のための Stateflow 関数のエクスポート

関数のスコープを、Simulink® モデルの他のブロックへ拡大する。

Atomic ボックスを使用した関数の再利用

再利用可能な関数を個別の名前空間にカプセル化する。

関連情報