Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Stateflow におけるフロー チャート

Stateflow® フロー チャートは、決定木や反復ループなどのロジック パターンをモデル化するグラフィカル構造体です。フロー チャートは、特定の結果が前の結果に依存することのない組み合わせ論理を表します。コネクティブ ジャンクションと遷移を組み合わせて、ステートを使わずにフロー チャートを作成します。ジャンクションは、異なる遷移パス間での判定分岐を提供します。フロー チャートの実行は、デフォルト遷移から始まり、終端ジャンクション (有効な出力遷移をもたないジャンクション) で終わります。

ベスト プラクティスの 1 つとして、フロー チャートをグラフィカル関数でカプセル化することで、チャートのどこからでも呼び出せるモジュール式の再利用可能なロジックを作成できます。グラフィカル関数の詳細は、グラフィカル関数の定義によるロジック パターンの再利用 を参照してください。

単純な IF-Else ロジックをモデル化するフロー チャートの例を次に示します。

このフロー チャートは次のコードをモデル化しています。

if u > 0
   y = 1;
else
   y = 0;
end

フロー チャートの描画

コネクティブ ジャンクションを複数の遷移パス間の分岐点として使用することにより、フロー チャートを手作業で描画してカスタマイズすることができます。

  1. チャートを開きます。

  2. エディター ツール バーから、コネクティブ ジャンクション ツールを使って 1 つ以上のコネクティブ ジャンクションをチャートにドラッグします。

  3. ジャンクション間の遷移パスを追加します。

  4. 遷移にラベルを付けます。

  5. フロー チャートの実行が開始されるジャンクションに、デフォルト遷移を追加します。

フロー チャート作成のベスト プラクティス

効率的で精度の高いフロー チャートを作成するには、以下のベスト プラクティスに従います。

 デフォルト遷移は 1 つのみ使用する

 終端ジャンクションは 1 つのみとする

 すべての遷移パスを終端ジャンクションに収束させる

 無条件遷移を、終端ジャンクションを除く各ジャンクションから設定する

 更新処理には条件アクション (遷移アクションではなく) を使用する

以下はこれらのベスト プラクティスを説明した例です。

関連するトピック