ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

真理値表

意思決定アプリケーション用の組み合わせ論理を表現する

真理値表関数は、簡潔な表形式で組み合わせ論理設計を実装します。Stateflow® チャート内に真理値表を含めるか、Truth Table ブロックを Simulink® モデルに直接追加します。

ブロック

Truth Table条件、判定、アクションを伴う論理的意思決定動作を表現

トピック

チャートの再利用可能な関数

ステートと遷移で関数呼び出しを指定します。

真理値表の定義による組み合わせ論理の再利用

組み合わせ論理を表形式で表現する。

真理値表の操作

Stateflow エディターで真理値表を作成する。

Stateflow 真理値表の言語オプション

MATLAB® または C 構文を使用して、真理値表の条件とアクションを指定する。

真理値表のプログラミング

真理値表の論理的な動作を定義する。

真理値表での実行時エラーのデバッグ

ブレークポイントを使用して真理値表をデバッグする。

真理値表のオーバースペックとアンダースペックの修正

診断チェックを実行して真理値表の仕様のエラーを検出する。

生成された Stateflow 真理値表の内容の表示

真理値表ロジックは、フロー チャートおよび MATLAB 関数として実装されます。

真理値表を使用した故障状態からアクションへのマッピング

真理値表を使用して、故障状態を結果のアクションにマップする。

再利用のための Stateflow 関数のエクスポート

関数のスコープを、Simulink モデルの他のブロックへ拡大する。

Atomic ボックスを使用した関数の再利用

再利用可能な関数を個別の名前空間にカプセル化する。

注目の例