ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カスタム コード

シミュレーションとコード生成用のカスタム コードを含める

C または C++ で記述されたカスタム コードを組み込むことにより、Stateflow® チャートの機能を拡張し、既存のコードを利用します。

トピック

チャートの再利用可能な関数

ステートと遷移で関数呼び出しを指定します。

Stateflow チャートでのカスタム コードの再利用

既存のカスタム コードを Simulink® モデルに統合する。

カスタム C コードとの string データの共有

Stateflow チャートとカスタム C コードの間で string データをやり取りする。

Stateflow チャートでのカスタム構造体の統合

C コードでカスタム Stateflow 構造体を定義する。

Stateflow チャート内のカスタム コードの変数および関数へのアクセス

Stateflow チャートからカスタム コード関数を呼び出す。

カスタム コードへの相対パスの指定

カスタム コード統合用の相対フォルダー パスを定義する。

注目の例