ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ライブラリ チャート内のカスタム C コードへのアクセス

C または C++ で記述されたカスタム コードを、Simulink® モデルの Stateflow® チャートと統合できます。カスタム コードと Stateflow チャートの間でデータと関数を共有することにより、Stateflow の機能を拡張し、ソフトウェアを活用して既存のコードを利用することができます。詳細については、Stateflow チャートでのカスタム コードの再利用を参照してください。

タスク 1: ライブラリ モデルのシミュレーション ターゲットへのカスタム C コードのインクルード

チャートをメイン モデルに提供する各ライブラリ モデルのシミュレーション ターゲットで、カスタム コード オプションを指定します。

  1. Stateflow エディターで [シミュレーション][デバッグ][MATLAB と Stateflow のシミュレーション ターゲット] を選択します。

    [モデル コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [ローカルなカスタム コード設定を使用 (メイン モデルから継承しません)] をオンにします。

    このステップにより、各ライブラリ モデルでは、シミュレーション時に固有のカスタム コード設定が保持されます。

  3. サブペインで、カスタム コードを指定します。

    カスタム コードへの相対パスの指定のガイドラインに従ってください。

    メモ

    カスタム コード オプションの詳細は、タスク 1: シミュレーション ターゲットへのカスタム C コードのインクルード を参照してください。

  4. [OK] をクリックします。

タスク 2: モデルのシミュレーション

エディターのツール バーの再生ボタンをクリックして、モデルをシミュレーションします。

コマンド ライン API を使用したシミュレーション オプションの設定の詳細は、コマンド ライン API を使用した、シミュレーションとコード生成のパラメーターの設定 を参照してください。

メモ

ライブラリ モデル内の Stateflow ブロックのみを対象としたシミュレーションはできません。メイン モデル内のライブラリ ブロックへのリンクを作成してから、メイン モデルをシミュレートしなければなりません。

関連するトピック