ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB 関数

データ解析と可視化のための行列指向アルゴリズムを記述する

MATLAB® コードを Stateflow® チャート内に組み込みます。MATLAB を使用するとより簡単に表現できる行列計算やデータ解析などのアルゴリズムを実装します。

トピック

チャートの再利用可能な関数

ステートと遷移で関数呼び出しを指定します。

MATLAB 関数の定義による MATLAB コードの再利用

Stateflow チャートで MATLAB 関数を作成して実行する。

チャート内での MATLAB 関数のプログラミング

MATLAB 関数の論理的な動作を定義する。

MATLAB 関数での永続変数の初期化

特殊なセマンティクスは、関数が永続データを初期化する方法に影響します。

MATLAB 関数の構造体の Simulink バス信号への接続

MATLAB 関数内の Simulink® バス信号にアクセスする。

チャート内での MATLAB 関数のデバッグ

ブレークポイントを使用して MATLAB 関数をデバッグする。

再利用のための Stateflow 関数のエクスポート

関数のスコープを、Simulink モデルの他のブロックへ拡大する。

Atomic ボックスを使用した関数の再利用

再利用可能な関数を個別の名前空間にカプセル化する。

注目の例