ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Atomic サブチャート

再利用可能なサブコンポーネントでモーダル ロジックをカプセル化する

Atomic サブチャートを使用して複数のチャートでステート コンポーネントを再利用します。Atomic サブチャートから再利用可能なコードを生成します。変更した Atomic サブチャートのみを再コンパイルして、モデルの再コンパイル時間を削減します。

トピック

Atomic サブチャート使用した再利用可能なサブコンポーネントの作成

Stateflow® チャートでスタンドアロン サブコンポーネントを作成する。

Atomic サブチャートおよびボックスでの変数のマッピング

Atomic サブチャート内の変数をメイン チャート内のデータにリンクする。

チャートでのステートの複数回再利用

同じ構成のステートを繰り返す Atomic サブチャートを作成する。

Atomic サブチャートで再利用可能なコードの生成

リンクされている Atomic サブチャートとリンクされていない Atomic サブチャートのスタンドアロン コードを作成する。

チャートのコンパイル時間の短縮

チャートの一部のみを再コンパイルすることによってシミュレーションを高速化する。

チャートの別単位への分割

Stateflow チャートのサブコンポーネントをコンパートメント化する。

Atomic サブチャートを使用する場合のルール

Atomic サブチャート作成のガイドライン。

注目の例