Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Atomic サブチャートおよびボックスでの変数のマッピング

Atomic サブチャートは、Stateflow® チャートで再利用可能なサブコンポーネントを作成する際に役立つグラフィカル オブジェクトです。Atomic ボックスは、グラフィカル関数、真理値表関数、MATLAB® 関数および Simulink® 関数を共有する際に役立つグラフィカル オブジェクトです。Atomic サブチャートおよびボックスは、Simulink モデルの Stateflow チャートでのみサポートされます。詳細については、Atomic サブチャート使用した再利用可能なサブコンポーネントの作成およびAtomic ボックスを使用した関数の再利用を参照してください。

Atomic サブチャートまたはボックスの各シンボルが、メイン チャートの正しいシンボルに確実にアクセスするようにするには、サブチャート シンボルのマッピングを編集します。サブチャートまたはボックスを右クリックして、[サブチャートのマッピング] を選択します。プロパティ ダイアログ ボックスの [マッピング] タブで、[メイン チャート シンボル] ドロップダウン リストを使用して、サブチャートの各シンボルに対応するメイン チャートのシンボルを指定します。あるいは、以下を指定する式を入力できます。

[メイン チャート シンボル] フィールドを空のままにする場合、Stateflow は、Atomic サブチャート シンボルを同じ名前のメイン チャート シンボルにマッピングしようとします。

Atomic サブチャート内のシンボルは、メイン チャート内の異なるスコープをもつシンボルにマッピングできます。次の表は可能なマッピングをまとめています。

Atomic サブチャート シンボルのスコープメイン チャート シンボルのスコープ
Input入力、出力、ローカル、パラメーター
Output出力、ローカル
パラメーターパラメーター
Data Store Memoryデータ ストア メモリ、ローカル
入力イベント入力イベント

Atomic サブチャートのデータ ストア メモリを列挙型のローカル データにマッピングする場合、データ ストア メモリの初期値を指定するには 2 つのオプションがあります。

  • [データ プロパティ] ダイアログ ボックスで、チャートレベルのローカル データの [初期値] フィールドを設定する。

  • 列挙型の既定値を適用するために、[初期値] フィールドを空のままにする。

Atomic サブチャートの入力データおよび出力データのマッピング

次のモデルには、チャートに入力信号を供給する Sine Wave ブロックが 2 つ含まれています。

次のチャートは、同じライブラリからリンクされている 2 つの Atomic サブチャートで構成されています。

どちらの Atomic サブチャートにも、入力正弦波を同じ周波数の出力矩形波に変換するための飽和論理があります。

モデルのシミュレーションを行うと、y2 の出力はゼロになります。

Atomic サブチャート A 内のシンボルはメイン チャート内のシンボル u1 および y1 と同じ名前をもつため、正しい変数にマッピングされます。Atomic サブチャート B 内のシンボルはメイン チャート内の u2 および y2 にマッピングされないため、マッピングを編集しなければなりません。

  1. サブチャート B を右クリックし、[サブチャートのマッピング] を選択します。

  2. [Input マッピング] で、u1 のメイン チャート シンボルが u2 になるように指定します。

  3. [Output マッピング] で、y1 のメイン チャート シンボルが y2 になるように指定します。

  4. [OK] をクリックします。

モデルを再度実行すると、次の結果が得られます。

Atomic サブチャート変数のバス要素へのマッピング

次のモデルには、バスを介してチャートに信号を供給する Sine Wave ブロックが 2 つ含まれています。

次のチャートは、同じライブラリからリンクされている 2 つの Atomic サブチャートで構成されています。どちらの Atomic サブチャートにも、入力正弦波を同じ周波数の出力矩形波に変換するための飽和論理があります。

モデルのシミュレーションを行うと、各サブチャートで、入力 u1 がメイン チャートのどの変数にもマップしないため、エラーが発生します。各サブチャートで u1 のマッピングを編集するには、次を行います。

  1. サブチャート A を右クリックし、[サブチャートのマッピング] を選択します。

  2. [Input マッピング] で、u1 のメイン チャート シンボルがバス内の最初の要素 BusIn.u1 になるように指定します。

  3. [OK] をクリックします。

  4. サブチャート B でこれを繰り返して、u1 のメイン チャート シンボルがバス内の 2 番目の要素 BusIn.u2 になるように指定します。

モデルを再度実行すると、次の結果が得られます。

Atomic サブチャート変数を行列の要素にマッピング

ベクトルまたは行列の要素を参照するときは、チャートのアクション言語にかかわらず、以下を使用します。

  • かっこやコンマで区切られた 1 ベースのインデックス (たとえば、A(4,5))。

  • 大かっこで区切られた 0 ベースのインデックス (たとえば、A[3][4])。

インデックスには、チャート内の数値またはパラメーターを指定できます。その他の式をインデックスとして使用することはサポートされていません。

たとえば、次のモデルには、対角行列を介してチャートに信号を供給する Sine Wave ブロックが 2 つ含まれています。

次のチャートは、同じライブラリからリンクされている 2 つの Atomic サブチャートで構成されています。どちらの Atomic サブチャートにも、入力正弦波を同じ周波数の出力矩形波に変換するための飽和論理があります。

モデルのシミュレーションを行うと、各サブチャートで、入力 u1 がメイン チャートのどの変数にもマップしないため、エラーが発生します。各サブチャートで u1 のマッピングを編集するには、次を行います。

  1. サブチャート A を右クリックし、[サブチャートのマッピング] を選択します。

  2. [Input マッピング] で、u1 のメイン チャート シンボルが行列の左上の要素になるように指定します。この要素の 0 ベースのインデックス形式は M[0][0] です。

  3. [OK] をクリックします。

  4. サブチャート B でこれを繰り返して、u1 のメイン チャート シンボルが行列の右下の要素になるように指定します。この要素の 1 ベースのインデックス形式は M(2,2) です。

モデルを再度実行すると、次の結果が得られます。

式への Atomic サブチャート パラメーターのマッピング

Atomic サブチャートのパラメーターについて、定数、ベース ワークスペース内の変数、メイン チャート内のパラメーターを結合する式を指定できます。

たとえば、次のモデルには、チャートに入力信号を供給する Sine Wave ブロックが 2 つ含まれています。

次のチャートは、同じライブラリからリンクされている 2 つの Atomic サブチャートで構成されています。どちらの Atomic サブチャートにも、入力正弦波を同じ周波数の出力矩形波に変換するための飽和論理があります。

モデルのシミュレーションを行うと、パラメーター T が未定義のためエラーが発生します。このエラーを修正するため、T の式がメイン チャートで評価されるように指定します。

  1. サブチャート A を右クリックし、[サブチャートのマッピング] を選択します。

  2. [Parameter マッピング] で、T の値として -1 を入力します。

  3. [OK] をクリックします。

  4. サブチャート B でこれを繰り返して、T の値を 2 と指定します。

モデルを再度実行すると、次の結果が得られます。

Atomic サブチャートの入力イベントのマッピング

このモデルは入力イベントをチャートに供給する Mux ブロックを含んでいます。

チャートは以下の 2 つのスーパーステートを含んでいます。ActiveInactive を定義します。Active ステートは入力イベントを使用して、異なるサブステートの間の遷移を保護します。

Active ステートを Atomic サブチャートに変換するには、以下を行います。

  1. Active ステートを右クリックし、[グループとサブチャート][Atomic サブチャート] を選択します。

  2. Atomic サブチャートを右クリックし、[サブチャートのマッピング] を選択します。

  3. [Input Event マッピング] において、各 Atomic サブチャート シンボルはメイン チャート内の正しい入力イベントにマッピングされています。

  4. [OK] をクリックします。

Atomic サブチャートの入力イベントを無効にする

Atomic サブチャート内のすべてのイベントがメイン チャートのイベントに対応している必要はありません。たとえば、ライブラリ チャートで定義されているイベントのセット全体を使用しない、リンクされた Atomic サブチャートを作成できます。Atomic サブチャートの入力イベントを無効にするには、次の手順に従います。

  1. Atomic サブチャートを右クリックし、[サブチャートのマッピング] を選択します。

  2. [Input Event マッピング][メイン チャート シンボル] ドロップダウン リストで、<disabled> を選択します。

  3. [OK] をクリックします。

関連するトピック