Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink のコンポーネント

Simulink® の Function-Call Subsystem を直接呼び出して設計を合理化する

Simulink 関数を使用して、Stateflow® チャートのステートおよび遷移アクションで Simulink のサブシステムを呼び出し、より効率的で読み取り可能なモデルを作成することができます。

トピック

チャートの再利用可能な関数

ステートと遷移で関数呼び出しを指定します。

Stateflow チャートでの Simulink コンポーネントの再利用

Stateflow で Simulink 関数を作成して実行する。

Stateflow チャート内での Simulink 関数の定義

Stateflow チャート内で Simulink コンポーネントを作成する。

Simulink 関数のステートへのバインド

関数実行の合間のサブシステム変数の動作を指定する。

Simulink と Stateflow での関数の共有

Simulink モデル内で定義されている関数を Stateflow チャートから呼び出す。

Simulink 関数を使用したチャート設計の改善

Function-Call Subsystem を Stateflow チャート内の Simulink 関数で置き換える。

複数コントローラーの実行スケジュール

Simulink 関数を使用して Stateflow チャートの設計を改善する。

Atomic ボックスを使用した関数の再利用

再利用可能な関数を個別の名前空間にカプセル化する。

注目の例