Main Content

Stateflow を使用した Simulink アルゴリズムのスケジューリング

このモデルでは、Stateflow® を使用して Simulink® アルゴリズムをスケジューリングする方法を示します。

このモデル内の Stateflow チャートは、シミュレーションで異なるレートと異なる時間に実行する Simulink アルゴリズムで構成されています。Stateflow は、これらのレート遷移がいつ発生するのを決定する遷移ロジックの設計に理想的に適しています。他方では、Simulink アルゴリズムは実際のデータ処理に使用されます。チャートは、Simulink サブシステムに入力と出力を渡すだけです。この例では、チャートが Simulink アルゴリズムを呼び出すたびに、入力が出力に加算されます。

シミュレーションの実行時、変化するレートをカウントするカウンターが表示されます。

関連するトピック