Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

sfpref

Stateflow チャートのユーザー基本設定の表示および調整

説明

actionLanguage = sfpref('ActionLanguage') は、Stateflow® チャートで使用される既定のアクション言語を返します。

sfpref('ActionLanguage',newLanguage) は、既定のアクション言語を変更します。既定のアクション言語の変更を参照してください。

correctionSetting = sfpref('EnableLabelAutoCorrectionForMAL') は、MATLAB® をアクション言語として使用するチャート内で、一般的な C 構造が Stateflow によって自動修正されるかどうかを返します。

sfpref('EnableLabelAutoCorrectionForMAL',newSetting) は、MATLAB をアクション言語として使用する Stateflow チャート内での、一般的な C 構造の自動修正を有効または無効にします。MATLAB をアクション言語として使用する場合の自動修正を参照してください。

directory = sfpref('PatternWizardCustomDir') は、Stateflow パターン ウィザードを使用して作成されたカスタム パターンのディレクトリを返します。

sfpref('PatternWizardCustomDir',newDirectory) は、Stateflow パターン ウィザードを使用して作成されたカスタム パターンのディレクトリを変更します。フロー チャートのカスタム パターンの保存を参照してください。

すべて折りたたむ

sfpref('ActionLanguage','C')

新しい Stateflow チャートで使用されているアクション言語を C に変更します。

sfpref('EnableLabelAutoCorrectionForMAL',1)

MATLAB をアクション言語として使用する場合に、新しい Stateflow チャート内での一般的な C 構造の自動修正を有効にします。

sfpref('PatternWizardCustomDir','C:\')

Stateflow パターン ウィザードを使用して作成されたカスタム パターンのディレクトリを C:\ に割り当てます。

入力引数

すべて折りたたむ

Stateflow で使用されるアクション言語。'MATLAB' または 'C' として指定します。

データ型: char

MATLAB をアクション言語として使用している場合の、Stateflow での C 構造の自動修正のオプション。1 または 0 として指定します。

メモ

チャートのアクション言語を C から MATLAB に変更しても、newSetting の値は構文変換に影響しません。

データ型: double

パターン ウィザードによって作成された Stateflow カスタム パターンのディレクトリ。文字配列として指定します。

データ型: char

R2006a より前に導入