Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.VariantManager クラス

パッケージ: Simulink

一連のバリアント マネージャー機能を表すクラス

説明

バリアント マネージャー クラスは、MATLAB コマンド ラインからバリアント マネージャー機能にアクセスするための一連のメソッドを提供します。Simulink.VariantManager クラスのインスタンスを使用して、以下を実行します。

  • Subsystems ブロックまたは Model ブロックを Variant Subsystem に変換する。

  • バリアント制御式で使用される変数を検出する。

  • 指定されたバリアント コンフィギュレーションの削減されたモデルを生成する。

  • バリアント条件の凡例の動作を表示または制御する。

メソッド

convertToVariant Subsystem、Model ブロック、Variant Model ブロックを Variant Subsystem ブロックに変換
findVariantControlVars Find variables used in variant control expressions
reduceModel指定されたバリアント コンフィギュレーションの削減されたモデルを生成する
variantLegend バリアント条件の凡例の動作を表示または制御する