Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.VariantManager クラス

パッケージ: Simulink

プログラムによるバリアント マネージャー機能へのアクセス

説明

バリアント マネージャー クラスは、MATLAB コマンド ラインからバリアント マネージャー機能にアクセスするための一連のメソッドを提供します。Simulink.VariantManager クラスのインスタンスを使用して、以下を実行します。

  • Subsystems ブロックまたは Model ブロックを Variant Subsystem に変換する。

  • バリアント制御式で使用されているバリアント制御変数を検出する。

  • 指定されたバリアント コンフィギュレーションの削減されたモデルを生成する。

  • バリアント条件の凡例の動作を表示または制御する。

作成

variantmanager = Simulink.VariantManager は、バリアント マネージャー オブジェクトを作成します。

メソッド

すべて展開する

すべて折りたたむ

モデル slexVariantManagement. を開きます。

cd(fullfile(matlabroot,'examples','simulink_variants','main'));
model = 'slexVariantManagement';
open_system(model); 

Simulink.VariantManager クラスのオブジェクトを作成します。

varmngr=Simulink.VariantManager;

バリアント制御変数を検出します。

vars = varmngr.findVariantControlVars(model)
vars=6×1 struct array with fields:
    Name
    Value
    Exists
    Source
    SourceType

バージョン履歴

R2016a で導入