Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.VariantConfigurationData クラス

パッケージ: Simulink

バリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトを表すクラス

説明

バリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトは、バリアント コンフィギュレーション、制約および既定のアクティブ コンフィギュレーションの名前の集合を保存します。Simulink.VariantConfigurationData クラスには、バリアント コンフィギュレーション、制約および制御変数を追加、変更、削除できるプロパティがあります。Simulink.VariantConfigurationData クラスのインスタンスを使用して、以下の操作を実行します。

  • バリアント コンフィギュレーションの定義と編集

  • バリアント コンフィギュレーションへの制御変数の追加

  • バリアント コンフィギュレーションのコピーの追加

  • 既存のバリアント コンフィギュレーション、制約、サブ モデル コンフィギュレーションの削除

  • 特定のコンフィギュレーションを既定のアクティブ コンフィギュレーションとして設定

  • 既定または特定のバリアント コンフィギュレーションを使用したモデルの検証

  • 特定のモデルのバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトのクエリまたは作成

プロパティ

VariantConfigurations

バリアント コンフィギュレーションのセット。コンフィギュレーションの名前は、一意の有効な MATLAB® 変数名でなければなりません。

Constraints

すべてのバリアント コンフィギュレーションのモデルで常に満たされなければならない制約のセット。制約の名前は、一意の有効な MATLAB 変数名でなければなりません。

DefaultConfigurationName

既定で検証に使用されるバリアント コンフィギュレーションの名前。

メソッド

VariantConfigurationDataバリアント コンフィギュレーション、制約および既定のコンフィギュレーション名のオプションの引数をもつオブジェクト コンストラクター
addConfigurationバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトへの新しいバリアント コンフィギュレーションの追加
addConstraintバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトへの制約の追加
addControlVariables既存のバリアント コンフィギュレーションへの制御変数の追加
addCopyOfConfigurationバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトへ既存のバリアント コンフィギュレーションのコピーを追加
addSubModelConfigurationsバリアント コンフィギュレーションへのサブモデルに使用するコンフィギュレーション名の追加
existsForバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトがモデルに存在するかどうかの確認
getConfiguration バリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトから特定の名前のバリアント コンフィギュレーションを返す
getDefaultConfigurationバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトの既定のバリアント コンフィギュレーション (存在する場合) を返す
getForモデルの既存のバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトの取得
getOrCreateForモデルの既存のバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトの取得または新しいバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトの作成
removeConfigurationバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトから特定の名前のバリアント コンフィギュレーションを削除
removeConstraintバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトからの制約の削除
removeControlVariableバリアント コンフィギュレーションからの制御変数の削除
removeSubModelConfigurationバリアントコンフィギュレーションからのサブモデルに使用されるコンフィギュレーションの削除
setDefaultConfigurationNameバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトに対する既定のバリアント コンフィギュレーションの名前の設定
validateModelモデルの階層構造内のすべてのバリアント ブロックを有効化および検証

load_system(model);
% Create variant config and associate it with model
variantConfig = Simulink.VariantConfigurationData;
set_param(model, 'VariantConfigurationObject', 'variantConfig');