Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.sdi.report

シミュレーション データ インスペクター レポートを生成する

説明

Simulink.sdi.report は、シミュレーション データ インスペクターの [検査] ペインでプロットされた信号に対するプロットのスナップショットとメタデータを含むレポートを作成します。

Simulink.sdi.report(Name,Value) は 1 つ以上の Name,Value のペアの引数によって指定されたレポートを作成します。この構文を使用して、[検査] ペインでプロットされたデータのレポートまたは比較結果のレポートを作成できます。各レポートの詳細を指定できます。

すべて折りたたむ

シミュレーション データ インスペクターの [検査] ペインでプロットされた信号に関する情報およびプロットが含まれるレポートを作成します。既定の設定では、レポートには [検査] ペインのテーブル内の信号に表示されるメタデータが含まれます。この例では、レポートに含めるメタデータを指定する方法を示します。

セッション ファイルの読み込み

この例では、保存されたセッション ファイルを読み込んで、シミュレーション データ インスペクターにデータおよびプロットされた信号を入力します。セッション ファイルには信号データとプロットされた信号に関する情報およびプロット レイアウトが含まれます。セッション ファイルを読み込みます。

Simulink.sdi.load('ex_sldemo_absbrake_slp_Ww.mldatx');

プロットされた信号のレポートの作成

レポートにはプロットされた信号のプロットおよびメタデータが含まれます。既定の設定では、レポートには [検査] ペインの信号テーブルに表示される列に対応するメタデータが含まれます。[検査] ペインにより多くの列を表示して、さらに多くのデータをレポートに含めることができます。'ColumnsToReport' の名前と値のペアおよび列挙型クラス Simulink.sdi.SignalMetaData を使用して、レポートに含める情報をプログラムで指定することもできます。

signalMetadata = [Simulink.sdi.SignalMetaData.Run, ...
    Simulink.sdi.SignalMetaData.Line, ... 
    Simulink.sdi.SignalMetaData.BlockName, ...
    Simulink.sdi.SignalMetaData.SignalName];

Simulink.sdi.report('ReportType','Inspect', 'ReportOutputFile', ...
    'absbrake_slp_report.html', 'ColumnsToReport', signalMetadata);

レポートには、プロットされた信号のメタデータのテーブルが実行別に整理されて、プロットのスナップショットの上に表示されます。

関数 Simulink.sdi.report を使用して比較結果のレポートを作成します。レポートは Web ベースの対話型であり、対話型ビューと印刷可能なビューを切り替えることができます。

比較結果の読み込み

この例では、関数 saveResult を使用して MLDATX ファイルに保存された、以前に計算された比較結果を読み込みます。データは入力フィルターのさまざまな時定数値を使用した slexAircraftExample モデルの 2 つのシミュレーションから取得されます。

Simulink.sdi.load('slexAircraftExampleTsComparison.mldatx');

比較レポートの作成

関数 Simulink.sdi.report を使用して比較結果が含まれるレポートを作成します。レポート ヘッダーに表示されるレポートのタイトルと作成者を指定できます。

Simulink.sdi.report('ReportType','Compare', 'ReportTitle',...
    'Compare: Ts = 0.1 vs Ts = 1','ReportAuthor', 'Jane Smith');

レポートが生成されるとシステム ブラウザーで開かれます。[プロパティ] ペインの信号のプロットとメタデータに表示される結果を確認する信号を選択します。レポート HTML ファイルは作業ディレクトリの sdireports フォルダーにあります。

入力引数

すべて折りたたむ

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: 'ReportType','Compare','ShortenBlockPath',true

作成するレポートのタイプ。'ReportType''Inspect' または 'Compare' で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

  • 'Inspect' –– シミュレーション データ インスペクターの [検査] ペインでプロットされた信号に対するプロットのスナップショットとメタデータを含むレポートを作成します。

  • 'Compare' –– 比較結果をまとめたレポートを作成します。比較レポートは対話型であり、比較結果のプロットのスナップショットおよび比較対象の信号のメタデータを含みます。

例: 'ReportType','Compare'

比較レポートのヘッダーに表示されるレポート タイトル。'ReportTitle' と文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

比較レポートに対して指定できるのはレポート タイトルのみです。

例: 'ReportTitle','Trial 1 vs. Trial 2'

比較レポートのヘッダーに表示されるレポート作成者。'ReportAuthor' と文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

比較レポートに指定できるのはレポート作成者のみです。

例: 'ReportAuthor','John Smith'

レポートが保存されるフォルダー。'ReportOutputFolder' および文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

例: 'ReportOutputFolder','C:\Users\user1\Desktop'

レポートのファイル名。'ReportOutputFile' および文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

例: 'ReportOutputFile','MyReport.html'

レポート ファイルの上書きを防ぐかどうか。'PreventOverwritingFile'true または false で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

  • true はファイル上書き保護を有効にする。

  • false はファイル上書き保護を無効にする。

ファイル上書き保護は、レポートを生成するたびにインクリメントする数値を含むファイル名を付加することで、シミュレーション データ インスペクターによる既存ファイルの上書きを防止します。ファイル上書き保護を無効にすると、一意のファイル名を指定しない限り、シミュレーション データ インスペクターは既存のレポート ファイルを上書きします。

例: 'PreventOverwritingFile',false

シミュレーション データ インスペクターの [検査] ペインでプロットされた信号のレポートに含める信号メタデータ。'ColumnsToReport' および配列で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。既定では、Inspect レポートには、プロットされた各信号に関するブロック パス、名前、ラインのスタイルと色およびデータ ソース パラメーターが含まれます。

メモ

ColumnsToReport 入力は比較レポートに影響しません。比較レポートには常にすべての信号メタデータが含まれ、比較レポートの上部の概要には常に信号名、絶対許容誤差、相対許容誤差、最大の差異、および各信号比較の結果が含まれます。

列挙型クラス Simulink.sdi.SignalMetaData を使用して、含めるメタデータを配列として指定します。たとえば、シミュレーション実行の名前と信号名を含めるには、次のようにします。

signal_metadata = [Simulink.sdi.SignalMetaData.Run,...
                    Simulink.sdi.SignalMetaData.SignalName];

次に、ColumnsToReport を名前と値のペアで signal_metadata として指定します。

Simulink.sdi.report('ColumnsToReport',signal_metadata)

次の表は、Inspect レポートで利用可能なメタデータをまとめたものです。

列の値説明
SignalName (既定の設定)信号名
Line (既定の設定)信号線のスタイルと色
SID

Simulink® 識別子

SID の詳細については、Simulink 識別子を参照してください。

Units信号の測定単位
SigDataType信号のデータ型
SigSampleTime信号のサンプリングに使用されるメソッド
Model信号を生成したモデルの名前
BlockName信号のソース ブロックの名前
BlockPath 信号のソース ブロックへのパス
Portブロックの出力端子上の信号のインデックス
Dimensions信号が含まれている行列の次元
Channel行列内の信号のインデックス
Run信号が含まれているシミュレーション実行の名前
AbsTol 信号に関する絶対許容誤差
RelTol 信号に関する相対許容誤差
OverrideGlobalTol信号の許容誤差がグローバルな許容誤差よりも優先されるかどうかを指定するプロパティ
TimeTol信号に関する時間の許容誤差
InterpMethod内挿法
SyncMethod比較用に信号を調整するために使用される同期メソッド
TimeSeriesRootMATLAB® ワークスペースからインポートされた信号の信号に関連付けられた変数の名前
TimeSourceMATLAB ワークスペースからインポートされた信号の時間データを含む配列の名前
DataSourceMATLAB ワークスペースからインポートされた信号の信号データを含む配列の名前

例: 'ColumnsToReport',metadata

レポート内でブロック パスを短縮化するかどうか。'ShortenBlockPath'true または false で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

  • true –– レポート内では短縮されたブロック パスを使用する。

  • false –– ブロックの絶対パスをレポートに含める。

例: 'ShortenBlockPath',false

作成時にレポートを開くかどうか。'LaunchReport'true または false で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

  • true –– 作成時にレポートを開く。

  • false –– レポートを自動的に開かない。

例: 'LaunchReport',false

比較レポートに含める信号。'SignalsToReport''ReportOnlyMismatchedSignals' または 'ReportAllSignals' で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

  • ReportOnlyMismatchedSignals –– 許容誤差から外れている比較結果をもつ信号のみを含める。

  • ReportAllSignals –– すべての信号を含める。

例: 'SignalsToReport','ReportAllSignals'

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2020b での動作変更

R2011b で導入