Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

対話型比較レポートの作成

シミュレーション データ インスペクターを使用してデータを比較するとき、Web ベースの対話型比較レポートを作成して、結果を共有したりアーカイブしたりすることができます。レポートは自己完結した HTML ファイルで、レポートの表示に必要なのは Web ブラウザーだけです。レポートを使用して、シミュレーション データ インスペクターと同じような方法で比較結果を解析することができます。対話的な表示と印刷可能な表示間でレポートのレイアウトを変更できます。

この例では、セッション ファイルから読み込んだデータを使用して、対話型比較レポートを作成する方法を説明します。シミュレーション データ インスペクターにデータをインポートする方法、またはシミュレーションのデータをログに記録する方法の詳細については、シミュレーション データ インスペクターでのデータの表示を参照してください。

データの読み込みと比較

この例では、slexAircraftExample モデルのシミュレーションによって作成され、セッション ファイル dataToCompare.mldatx に保存されたデータを使用します。両方のシミュレーションで、モデルの Pilot ブロックからの矩形波入力が使用されています。1 つ目のシミュレーションには、モデルに保存されている入力フィルター設計が使用され、その時定数は 0.1 でした。この時定数は、2 つ目のシミュレーションでは 1 に変更されました。

シミュレーション データ インスペクターとセッション ファイルを開き、比較用のデータをシミュレーション データ インスペクターに読み込みます。

Simulink.sdi.view
Simulink.sdi.load('dataToCompare.mldatx');

シミュレーション データ インスペクターの [比較] タブに移動し、2 つの実行を比較します。

  1. [ベースライン] ドロップダウンを展開し、Run 1: slexAircraftExample を選択します。

  2. [比較対象] ドロップダウンを展開し、Run 2: slexAircraftExample を選択します。

  3. [比較] をクリックします。

代わりに、関数 Simulink.sdi.compareRuns を使用して比較を実行することもできます。

runIDs = Simulink.sdi.getAllRunIDs;
runID1 = runIDs(end-1);
runID2 = runIDs(end);

diffRes = Simulink.sdi.compareRuns(runID1,runID2);

対話型比較レポートの生成

比較結果を保存するため、対話型 Web レポートを生成できます。レポートを生成するには、[レポート] ボタンをクリックします。

[レポートの作成] ダイアログで、作成するレポートのタイプと、レポートに含めるデータを指定できます。[タイプ] として [Compare] を選択します。この例では、実行比較のすべての信号が一致しなかったため、一致しない信号のみを含むレポートに、すべての信号が含まれています。

レポートのヘッダーに含まれるタイトルと作成者を指定できます。既定では、タイトルは比較対象実行の名前から作成されます。この例では、シミュレーションと比較によって評価された変数の値を表す別のタイトルが示されています。

レポート ファイルに説明的なファイル名を入力します。レポートの保存先を指定することもできます。既定では、シミュレーション データ インスペクターは作業ディレクトリの sdireports という名前のフォルダーにレポートを保存します。

既存のレポート ファイルを上書きしないよう、指定したファイル名の末尾にインクリメントされる数字を追加するオプションを有効にすることもできます。モデルの階層構造全体に信号のログを記録するモデルでは、レポートに長いブロック パスが表示されるのを避けるため、[一部のブロック パスを表示する] オプションを有効にすることを検討してください。この例では、信号のログはすべて、モデルの階層構造の最上位レベルに記録されます。

作成するレポートのオプションを指定したら、[レポートの作成] をクリックします。生成されたレポートがシステム ブラウザーで自動的に開きます。

対話型レポートでの比較結果の検査

対話型レポートの情報とレイアウトは、シミュレーション データ インスペクターの [比較] ペインに表示されるものと似ています。左側の [比較] テーブルで、プロットに表示する信号結果を選択できます。[プロパティ] テーブルには、比較対象の信号のすべてのメタデータが表示され、相違するメタデータが強調表示されています。[プロパティ] テーブル内をスクロールしてすべてのメタデータをスクロールすることができます。比較に、結果テーブルに収まらない信号が含まれている場合、結果テーブル内をスクロールできます。

境界をドラッグしてレポートのペインのサイズを調整できます。たとえば、比較対象の信号のテーブルは単一ペイン内のすべての領域を使用するわけではないため、[プロパティ] ペインを大きくすることができます。

テーブルの情報から、Stick 信号の比較結果の最大差が 0.78 で、許容誤差範囲外であることが分かります。モデルでは、Stick 信号は Signal Generator ブロックからの出力であり、フィルター時定数はこのブロックの出力に影響しないはずです。Stick 信号を選択し、比較結果を調査します。

レポートのプロットを調査すると、差異は矩形波の立ち上がりエッジと立ち下がりエッジで発生していることが分かります。slexAircraftExample モデルは可変ステップ ソルバーを使用します。新しい時定数値によってシステム ダイナミクスが変化し、2 つ目のシミュレーションのソルバーではわずかに異なるタイム ステップが計算されるため、差異が発生します。矩形波の遷移は鋭いため、わずかなタイミングの差が大きな振幅の差につながります。

Stick 信号の差異は、システム ダイナミクスの実際の変化というよりはモデリングによるものであるため、シミュレーション データ インスペクターに戻って、Stick 信号の時間の許容誤差を小さい値 (0.01 など) に指定することで、比較結果を許容誤差範囲内に収めることができます。更新された結果を共有するため、新しい比較レポートを生成できます。

比較レポートの印刷

比較結果の解析と表示を確定した後、対話型 Web レポートを使用して結果の包括的なビューを印刷できます。印刷可能なビューに切り替えるには、[印刷可能] ラジオ ボタンを選択するか、Ctrl + P キーを押してブラウザーに印刷プレビューを表示します。印刷可能なビューでは、すべての信号のメタデータとプロットが上下に並べて表示され、最上部に概要テーブルが示されます。

参考

関連するトピック