ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.data.dictionary.getOpenDictionaryPaths

開いているデータ ディクショナリのファイル名とパスを返す

説明

openDDs = Simulink.data.dictionary.getOpenDictionaryPaths は、開いているすべてのデータ ディクショナリのファイル名とパスを返します。たとえば、ディクショナリを参照する Simulink.data.Dictionary などのオブジェクトを作成する場合、データ ディクショナリが開いています。ファイル名は同じでも、ファイル パスが異なる 2 つ以上のディクショナリを開いている場合、この関数は複数のファイル パスを返します。

ディクショナリが開いているときに動作できないコマンドや関数を実行する前に、この関数を使用して開いているディクショナリを特定し、それらを閉じることができます。たとえば、並列シミュレーションを使用したバリアント制御のスイープで説明されている並列シミュレーションを実行する場合、この関数で開いているディクショナリを特定してから、コマンド Simulink.data.dictionary.cleanupWorkerCache を実行します。

openDDs = Simulink.data.dictionary.getOpenDictionaryPaths(dictFileName) は、ファイル名が dictFileName のデータ ディクショナリのファイル パスを返します。ファイル名が同じでもファイル パスが異なる 2 つ以上のディクショナリを開いている場合は、この構文を使用してすべてのファイル パスを返すことができます。

すべて折りたたむ

データ ディクショナリを開き、特定して閉じます。ディクショナリへの接続を閉じた後に、ディクショナリが開いているときに動作できない Simulink.data.dictionary.cleanupWorkerCache などのコマンドや関数を使用できます。

コマンド プロンプトで、ディクショナリを参照する Simulink.data.Dictionary オブジェクトを作成してデータ ディクショナリを開きます。

dictObj = Simulink.data.dictionary.open('sldemo_fuelsys_dd.sldd');

モデル エクスプローラーでディクショナリを表示します。

show(dictObj)

開いているすべてのディクショナリを特定します。

openDDs = Simulink.data.dictionary.getOpenDictionaryPaths;

開いたディクショナリのファイル パス sldemo_fuelsys_dd.sldd は、文字ベクトルの cell 配列 openDDs で表示されます。

モデル エクスプローラーからディクショナリへの接続を閉じます。

hide(dictObj)

ディクショナリは、モデル エクスプローラーの [モデルの階層構造] ペインにノードとして表示されなくなります。

Simulink.data.Dictionary オブジェクトからディクショナリへの接続を閉じます。

close(dictObj)
clear dictObj

入力引数

すべて折りたたむ

ターゲット データ ディクショナリのファイル名。文字ベクトルとして指定します。ファイル拡張子 sldd を使用します。

例: 'myDict.sldd'

データ型: char

出力引数

すべて折りたたむ

開いているデータ ディクショナリのファイル名とファイル パス。文字ベクトルの cell 配列として返されます。

ヒント

以下のいずれかの条件に該当する場合は、データ ディクショナリが開きます。

  • ディクショナリが、モデル エクスプローラーの [モデルの階層構造] ペインにノードとして表示されている。ディクショナリへのこの接続を閉じるには、モデル エクスプローラーでノードを右クリックし、[閉じる] を選択します。または、Simulink.data.Dictionary オブジェクトの hide メソッドを使用します。

  • ディクショナリを参照する次のいずれかのクラスのオブジェクトを作成している。

    • Simulink.data.Dictionary

    • Simulink.data.dictionary.Section

    • Simulink.data.dictionary.Entry

    ディクショナリへのこれらの接続を閉じるには、Simulink.data.Dictionary オブジェクトの close メソッドを使用するか、オブジェクトをクリアします。Simulink.data.dictionary.Section オブジェクトと Simulink.data.dictionary.Entry オブジェクトをクリアします。

  • ディクショナリにリンクされているモデルが開いている。ディクショナリへのこの接続を閉じるには、モデルを閉じます。

R2016a で導入