最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

データ ディクショナリを使用した燃料制御システムのデータの管理

この例では、Simulink® と Stateflow® を使用して設計された燃料比制御システムのデータをデータ ディクショナリで管理する方法を説明します。燃料比制御モデルをよく理解するには、sldemo_fuelsys を参照してください。

モデルの理解

sldemo_fuelsys_dd モデルは、"プラント" と "コントローラー" を含む閉ループ システムです。プラントは、コントローラーの設計を検証するために使用します。この例では、プラントとコントローラーは、テスト ハーネス モデルから参照される別々のモデルで表されます。それでは、これらのモデルを見てみましょう。

テスト ハーネス モデルを開いてコンパイル

Engine Gas Dynamics システム (プラント) の表示

Engine Gas Dynamics ブロックをダブルクリックしてプラント モデルを開きます。

燃料比制御システム (コントローラー) の表示

Fuel Rate Controller ブロックをダブルクリックしてコントローラー モデルを開きます。

コントローラーで使用されるデータの調査

コントローラー モデルのグローバル設計データはデータ ディクショナリで定義します。データ ディクショナリを使用する方が、ベース ワークスペースでデータを定義するよりも多くの利点があります。データ ディクショナリの詳細については、Simulink データ ディクショナリのドキュメンテーションを参照してください。

コントローラー モデルは、データ ディクショナリに明示的にリンクします。このリンクは [モデル プロパティ] ダイアログの [データ] タブで設定します。

モデル ウィンドウの左下隅にあるアイコンは、このモデルがデータ ディクショナリにリンクされていることを示しています。このアイコンをクリックすると、データ ディクショナリをモデル エクスプローラーで開くことができます。

このデータ ディクショナリには、シミュレーションおよびコード生成のためのコントローラー アルゴリズムの設定に使用するパラメーター オブジェクトと信号オブジェクトが含まれています。また、このモデルで使用されるデータ型オブジェクトを定義する別のデータ ディクショナリへの参照も含まれています。

当初、このデータ ディクショナリは浮動小数点コントローラー向けに設定されています。このことは、コントローラー モデルの信号線上のデータ型表示からわかります。以下の該当するディクショナリを参照するように型ディクショナリ (sldemo_fuelsys_dd_types.sldd) を変更することで、浮動小数点コントローラーと固定小数点コントローラーを簡単に切り替えることができます。

  • 浮動小数点型: sldemo_fuelsys_dd_float.sldd

  • 固定小数点型: sldemo_fuelsys_dd_fixpt.sldd

コンポーネントによって使用される単位の調査

モデルおよびサブシステム アイコンと信号線上に単位が表示されることがわかります。単位は端子およびデータ ディクショナリのバス、信号、パラメーター オブジェクトで指定されます。Simulink の単位の詳細については、Simulink の単位を参照してください。

テスト ハーネス モデルのシミュレーション

テスト ハーネス モデルもデータ ディクショナリ (sldemo_fuelsys_dd.sldd) にリンクします。このデータ ディクショナリには、プラント モデルとコントローラー モデルのデータ ディクショナリへの参照が含まれていますが、追加のデータは含まれません。

テスト ハーネス モデルのシミュレーションを実行して、浮動小数点構成または固定小数点構成でのコントローラーの動作を検証します。

例を閉じる

この例のモデルとデータ ディクショナリを閉じます。

関連する例

sldemo_fuelsys に関連するその他の例を参照してください。