Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.BlockDiagram.loadActiveConfigSet

コンフィギュレーション セットを読み込み、モデルと関連付けてアクティブ化

説明

Simulink.BlockDiagram.loadActiveConfigSet(model, file) はコンフィギュレーション セットを読み込み、モデルに付加し、そのモデルのアクティブなコンフィギュレーション セットにします。

すべて折りたたむ

保存されたコンフィギュレーション セットをモデルに読み込み、アクティブ化します。

モデル sldemo_fuelsys を開き、アクティブなコンフィギュレーション セットをファイルに保存します。

sldemo_fuelsys
Simulink.BlockDiagram.saveActiveConfigSet('sldemo_fuelsys', 'fuelsys_config_set.m')

vdp モデルを開きます。保存されたコンフィギュレーション セットを vdp に読み込み、アクティブ化します。

vdp
Simulink.BlockDiagram.loadActiveConfigSet('vdp', 'fuelsys_config_set.m')

入力引数

すべて折りたたむ

コンフィギュレーション セットを使用するターゲット モデルの名前またはハンドル。文字ベクトルまた string スカラーとして指定します。

例: 'my_model'

コンフィギュレーション セットを含むファイルの名前。文字ベクトルまた string スカラーとして指定します。

例: 'configset.m'

ヒント

  • アクティブなコンフィギュレーション セットと同じ名前のコンフィギュレーション セットを読み込むと、Simulink® はアクティブなコンフィギュレーション セットを上書きします。

  • モデルに関連付けられている非アクティブなコンフィギュレーション セットと同じ名前のコンフィギュレーション セットを読み込むと、Simulink は非アクティブなコンフィギュレーションをモデルから分離します。

  • 無効なカスタム ターゲットを含むコンフィギュレーション セット オブジェクトを読み込むと、Simulink はシステム ターゲット ファイル (Simulink Coder)パラメーターを [ert.tlc] に設定します。

R2010b で導入