Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

na_0010: ベクトル信号/バス信号の使用方法

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a、b、c、d

  • JMAAB — a、b、c、d

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

ベクトルを生成および分解するときに、Mux ブロックと Demux ブロックを使用します。

カスタム パラメーター

該当なし

サブ ID b

Mux ブロック入力は、スカラーおよびベクトルにします。

カスタム パラメーター

該当なし

サブ ID c

バスを生成および分解するときに、Bus Creator ブロックと Bus Selector ブロックを使用します。

カスタム パラメーター

該当なし

サブ ID d

バスは、バスをサポートするブロックに接続します。

カスタム パラメーター

該当なし

根拠

サブ ID a、b、c、d:

  • ベクトル信号とバス信号を組み合わせることで生じる問題を回避します。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check usage of vector and bus signals (Simulink Check)

最終更新

R2020a

R2020a で導入