Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

na_0009: 信号ラベルの登録と伝播

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a

  • JMAAB — サポートなし

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

信号にラベルが表示される場合は、そのラベルがそこで作成されるか (信号に直接入力)、または真のソースから伝播されるか (小なり記号 (<) を使用してモデルの他の場所から継承) を以下のルールで定義します。

以下から発生した信号に対して信号ラベルを入力します。

  • モデルのルート (トップ) レベルの Inport からの出力信号

  • 変換される演算を実行する基本ブロック (このルールのみを解釈する目的で、Bus Creator ブロック、Mux ブロック、および Selector ブロックは、変換される演算も実行します)。

以下から発生する信号に対して信号ラベルが伝播されます。

  • 入れ子になったサブシステムの Inport ブロック

  • 変換されない演算を実行する基本ブロック

  • Subsystem ブロックまたは Stateflow® Chart (Stateflow) ブロック。

例外

入れ子になったサブシステムがライブラリ サブシステムの場合は、ライブラリ ブロックを再利用できるように Inport ブロックからの信号にラベルを入力できます。

接続がライブラリ サブシステム ブロックの出力からの場合は、可読性に対応するように新しいラベルを信号に入力できます。

カスタム パラメーター

該当なし

根拠

サブ ID a:

  • MATLAB® コマンドを実行した結果がコードに反映されていると、モデルとコード間の整合性を維持するのが困難になります。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check for propagated signal labels (Simulink Check)

最終更新

R2020a

R2020a で導入