Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

データ ストア

説明

このモデルの Data Store Memory ブロック変数のログのオンとオフをグローバルに切り替えます。

カテゴリ: Data Import/Export

設定

既定の設定: オン、 dsmsout

オン

シミュレーション中に MATLAB® ワークスペースとシミュレーション データ インスペクターに対するデータ ストア ログを有効にします。

記録されたデータ ストアのデータに対する Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトの名前を指定します。

オフ

シミュレーション中に MATLAB ワークスペースとシミュレーション データ インスペクターに対するデータ ストア ログを無効にします。

ヒント

依存関係

データ ストア ログ変数を入力する前に [データ ストア] チェック ボックスをオンにしておいてください。

コマンド ライン情報

パラメーター: DSMLogging
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'
パラメーター: DSMLoggingName
型: 文字ベクトル
値: 任意の有効な値
既定の設定: 'dsmOut'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性

推奨なし

安全対策推奨なし

参考

|

関連するトピック