ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

demod

通信シミュレーションのための復調

構文

x = demod(y,fc,fs,'method')
x = demod(y,fc,fs,'method',opt)
x = demod(y,fc,fs,'pwm','centered')

説明

demod では復調が行われます。復調とは、変調した信号から元の信号を得ることです。demod では、modulate によって行われた操作が元に戻されます。

x = demod(y,fc,fs,'method') および

x = demod(y,fc,fs,'method',opt) は、以下の method オプションのいずれかを使用して、搬送周波数 fc とサンプリング周波数 fs をもつ実数搬送信号 y を復調します。(一部のメソッドでは、オプション opt を使用できます)。

メモ

Signal Processing Toolbox™ の demodmodulate は、実数値信号を使用して実数値出力を取得します。demodmodulate では、複素数値入力の受け入れや複素数値出力の生成は想定されていません。

メソッド

説明

amdsb-sc

または

am

振幅復調、両側波帯、抑圧搬送波。y を周波数 fc の正弦波で乗算し、filtfilt を使用して 5 次バタワース ローパス フィルターを適用します。

x = y.*cos(2*pi*fc*t);

[b,a] = butter(5,fc*2/fs);

x = filtfilt(b,a,x);

amdsb-tc

振幅復調、両側波帯、伝送搬送波。y を周波数 fc の正弦波で乗算し、filtfilt を使用して 5 次バタワース ローパス フィルターを適用します。

x = y.*cos(2*pi*fc*t);

[b,a] = butter(5,fc*2/fs);

x = filtfilt(b,a,x);

opt を指定した場合、demodx からスカラー opt の値が差し引かれます。opt の既定値は 0 です。

amssb

振幅復調、片側波帯。y を周波数 fc の正弦波で乗算し、filtfilt を使用して 5 次バタワース ローパス フィルターを適用します。

x = y.*cos(2*pi*fc*t);

[b,a] = butter(5,fc*2/fs);

x = filtfilt(b,a,x);

fm

周波数復調。周波数 -fc Hz の複素指数によって y のヒルベルト変換を変調することによって、周波数変調 (FM) 波形を復調し、結果として瞬時周波数を得ます。

pm

位相復調。周波数 fc Hz の複素指数によって y のヒルベルト変換を変調することによって、位相変調 (PM) 波形を復調し、結果として瞬間位相角を得ます。

ppm

パルス位置復調。パルス位置変調された信号 y のパルス位置を求めます。復調を正しく行うために、パルスのオーバーラップはできません。x は、長さ length(t)*fc/fs です。

pwm

パルス幅復調。パルス幅変調されている信号 y のパルス幅を求めます。demod では、各パルス幅の周期の割合を要素とするベクトル x が返されます。y のパルスは、各搬送波の周期の開始点で始まらなければなりません。つまり、左に位置合わせされている必要があります。

qam

直交振幅復調。

[x1,x2] = demod(y,fc,fs,'qam') では、y が周波数 fc の余弦および正弦で乗算され、filtfilt を使用して 5 次バタワース ローパス フィルターが適用されます。

x1 = y.*cos(2*pi*fc*t);

x2 = y.*sin(2*pi*fc*t);

[b,a] = butter(5,fc*2/fs);

x1 = filtfilt(b,a,x1);

x2 = filtfilt(b,a,x2);

既定のメソッドは 'am' です。'ppm' および 'pwm' を除くすべての場合で、xy と同じサイズになります。

y が行列の場合、demod では行列の各列が復調されます。

x = demod(y,fc,fs,'pwm','centered') では、パルスの中心が各周期の開始点にあるものと仮定してパルス幅が求められます。x は、長さ length(y)*fc/fs です。

R2006a より前に導入