ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

vco

電圧制御オシレーター

構文

y = vco(x,fc,fs)
y = vco(x,[Fmin Fmax],fs)

説明

y = vco(x,fc,fs) では、サンプリング周波数 fs をもつ実数入力ベクトルまたは配列 x によって決定された周波数で振動する信号が作成されます。ここで、fc は搬送周波数または基準周波数です。x が 0 の場合、y は振幅 1 をもつ fc Hz の余弦値として fs Hz でサンプリングされます。x は、-1 ~ 1 の範囲です。ここで、x = -1 は 0 周波数出力に、x = 0fc に、x = 12*fc にそれぞれ対応します。出力 y は、x と同じサイズとなります。

y = vco(x,[Fmin Fmax],fs) では、-1 ~ 1 の間の x の値により、それぞれ Fmin Hz から Fmax Hz の振動が発生するように周波数変調範囲がスケーリングされます。最良の結果を得るには、FminFmax は、0 ~ fs/2 の範囲内にします。

既定値は、fs は 1、fcfs/4 です。

x が行列の場合、vco では x の列に基づいて列が振動する行列が作成されます。

すべて折りたたむ

瞬間的な周波数が時間の三角形関数となる 10 kHz でサンプリングした 2 秒間の信号を生成します。

fs = 10000;
t = 0:1/fs:2;
x = vco(sawtooth(2*pi*t,0.75),[0.1 0.4]*fs,fs);

生成した信号のスペクトログラムをプロットします。

spectrogram(x,kaiser(256,5),220,512,fs,'yaxis')

診断

x のいずれかの値が [–1, 1] の範囲外の場合、vco では以下のエラー メッセージが表示されます。

X は [-1,1] の範囲外です。

アルゴリズム

vco では、関数 modulate を使用して、FM 変調が実行されます。

参考

|

R2006a より前に導入