Main Content

モデル コンフィギュレーション パラメーター: GPU コード

[コード生成][GPU コード] カテゴリには生成されたコードの GPU 固有の設定を構成するパラメーターが含まれます。

これらのパラメーターには GPU Coder™ のライセンスが必要です。

次のコンフィギュレーション パラメーターは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [コード生成][GPU コード] ペインにあります。

パラメーター説明

GPU インデックス

CUDA® デバイスをターゲットに指定します。

Compute Capability

CUDA コードが生成される最低 Compute Capability を指定します。

カスタム Compute Capability

コード生成用の NVIDIA® バーチャル GPU アーキテクチャの名前を指定します。

メモリ モード

生成された CUDA コード内で使用されるメモリ割り当て (malloc) モードを指定します。

カーネルあたりの最大ブロック数

カーネル起動時に作成される CUDA ブロックの最大数を指定します。

動的メモリ割り当てしきい値

それを超えるとプライベート変数がスタックではなくヒープに割り当てられるようになるサイズを指定します。

メモリ マネージャー

効率的なメモリの割り当て、管理、実行時のパフォーマンスの改善を行う GPU メモリ マネージャーを選択します。

GPU スレッドごとのスタック サイズ

GPU スレッドあたりのスタック上限を指定します。

生成されたコードにエラー チェックを含める

生成された CUDA コードに実行時エラー チェック機能を追加します。

カーネル名の接頭辞

カスタムのカーネル名の接頭辞を指定します。

追加のコンパイラ フラグ

追加のフラグを nvcc コンパイラに指定します。

cuBLAS

数学関数の呼び出しを NVIDIA cuBLAS のライブラリの呼び出しと置き換えます。

cuSOLVER

数学関数の呼び出しを NVIDIA cuSOLVER のライブラリの呼び出しと置き換えます。

cuFFT

数学関数の呼び出しを NVIDIA cuFFT のライブラリの呼び出しと置き換えます。

関連するトピック