Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コード生成の基礎

コード生成プロセスの概要

コード生成の基本手順は次のとおりです。

  • モデルを開く

  • "ソルバー、"ターゲット"、"言語" およびコード生成の "目的" を選択して、コード生成のモデルを構成

  • ビルド アプローチ ("ツールチェーン アプローチ" など) を選択

  • モデルのビルド

モデル コンフィギュレーション パラメーターにはコード生成とビルド プロセス用にさまざまなオプションが用意されています。

アプリ

Simulink Coderシミュレーションの高速化、ラピッド プロトタイピング、ハードウェアインザループ (HIL) シミュレーションなどのアプリケーションで使用するために、Simulink モデル、Stateflow チャート、MATLAB 関数から C および C++ コードを生成して実行する

トピック

入門

コード生成ファイルとフォルダー

その他のコード生成制御のオプション

プロジェクトによるコード生成