Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

RTW.getBuildDir

モデル ビルド情報からビルド フォルダー情報を取得

説明

RTW.getBuildDir(model) はモデルのビルド フォルダー情報を表示します。

モデルが閉じている場合、関数はモデルを開いてから閉じて元の状態を維持します。モデルが大規模でかつ閉じている場合は、関数 RTW.getBuildDir は実行に長時間を要することがあります。

folderStruct = RTW.getBuildDir(model) はビルド フォルダー情報を含む構造体を返します。

この関数を自動化されたスクリプトで使用して、モデルの生成されたコードが配置されるビルド フォルダーを判別できます。

この関数は、保護されたモデルのビルド フォルダーの情報を返すことができます。

すべて折りたたむ

モデル 'sldemo_fuelsys' のビルド フォルダー情報を表示します。

>> RTW.getBuildDir('sldemo_fuelsys')

ans = 

              BuildDirectory: 'C:\work\modelref\sldemo_fuelsys_ert_rtw'
                 CacheFolder: 'C:\work\modelref'
               CodeGenFolder: 'C:\work\modelref'
            RelativeBuildDir: 'sldemo_fuelsys_ert_rtw'
              BuildDirSuffix: '_ert_rtw'
  ModelRefRelativeRootSimDir: 'slprj\sim'
  ModelRefRelativeRootTgtDir: 'slprj\ert'
    ModelRefRelativeBuildDir: 'slprj\ert\sldemo_fuelsys'
      ModelRefRelativeSimDir: 'slprj\sim\sldemo_fuelsys'
      ModelRefRelativeHdlDir: 'slprj\hdl\sldemo_fuelsys'
           ModelRefDirSuffix: ''
           SharedUtilsSimDir: 'slprj\sim\_sharedutils'
           SharedUtilsTgtDir: 'slprj\ert\_sharedutils'

モデル 'MyModel' のビルド フォルダー情報を含む構造体 my_folderStruct を返します。

>> my_folderStruct = RTW.getBuildDir('MyModel')

my_folderStruct = 

              BuildDirectory: 'H:\MyModel_ert_rtw'
                 CacheFolder: 'H:\'
               CodeGenFolder: 'H:\'
            RelativeBuildDir: 'MyModel_ert_rtw'
              BuildDirSuffix: '_ert_rtw'
  ModelRefRelativeRootSimDir: 'slprj\sim'
  ModelRefRelativeRootTgtDir: 'slprj\ert'
    ModelRefRelativeBuildDir: 'slprj\ert\MyModel'
      ModelRefRelativeSimDir: 'slprj\sim\MyModel'
      ModelRefRelativeHdlDir: 'slprj\hdl\MyModel'
           ModelRefDirSuffix: ''
           SharedUtilsSimDir: 'slprj\sim\_sharedutils'
           SharedUtilsTgtDir: 'slprj\ert\_sharedutils'

入力引数

すべて折りたたむ

ビルド フォルダーを取得するモデル。オブジェクトまたはモデル名を表す文字ベクトルとして指定されます。

例: 'sldemo_fuelsys'

出力引数

すべて折りたたむ

ビルド フォルダー情報を提供するフィールドをもつ構造体。

例: folderstruct = RTW.getBuildDir('MyModel')

R2008b で導入