Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

共有ライブラリ

開発用コンピューター上のアプリケーションへの共有ライブラリの統合と再利用

共有ライブラリは、Windows® ダイナミック リンク ライブラリ (.dll)、UNIX® 共有オブジェクト (.so) または Macintosh OS X ダイナミック ライブラリ (.dylib) を指定できます。自分自身または他のユーザーが、Windows、UNIX、または Macintosh OS X 開発用コンピューターで実行されるアプリケーションに共有ライブラリを統合できます。共有ライブラリの用途には次のようなものがあります。

  • システム シミュレーションのためにアプリケーションにソフトウェア コンポーネントを追加する

  • 開発用コンピューターのアプリケーション間でソフトウェア モジュールを再利用する

  • ベンダーと共有するソフトウェアに関連する知的財産を隠す

トピック