Main Content

分散配列

分散配列と同時実行を使用したビッグ データセットの並列解析

Parallel Computing Toolbox™ は、大規模な配列を複数の MATLAB® ワーカー間に分割する分散配列をサポートします。ユーザーは配列全体を単一のエンティティとして操作しますが、ワーカーはそれぞれに割り当てられた配列の部分のみを処理し、必要に応じて自動的にワーカー間でデータを転送します。同時実行は、ワーカー間の通信を容易にする Single Program Multiple Data (spmd) 言語構成でサポートされます。分散対応の行列演算と関数を使用して、これらの配列を追加変更なしで直接処理します。Parallel Computing Toolbox で分散配列を使用して、クラスターの結合メモリを使用するビッグ データ アプリケーションを実行できます。

関数

すべて展開する

distributedクライアント ワークスペースまたはデータ ストアのデータから分散配列を作成
gather分散配列または gpuArray をローカル ワークスペースに転送
spmd並列プールのワーカーでコードを並列実行する
CompositeComposite オブジェクトを作成する
parallel.pool.Constantデータまたは関数ハンドルからの parallel.pool.Constant のビルド
codistributed複製されたローカル データから対話型分散配列を作成する
parpoolクラスターでの並列プールの作成
delete (Pool)並列プールのシャットダウン
redistribute別の分散スキームにより対話型分散配列を再分散する
codistributed.build分散データから対話型分散配列を作成する
for分散範囲に対する for ループ
getLocalPart対話型分散配列のローカル部分
globalIndices対話型分散配列のローカル部分のグローバル インデックス
gop(非推奨) spmd ワーカー上の配列を削減する
write出力場所への分散データの書き込み
pagefun分散配列または GPU 配列の各ページに関数を適用

クラス

すべて展開する

distributedクライアントから分散配列要素にアクセスする
codistributed並列プールのワーカーに分散された配列要素にアクセスする
Compositeクライアントから複数のワーカーにある非分散変数にアクセスする
codistributor1d対話型分散配列の 1 次元分散スキーム
codistributor2dbc対話型分散配列の 2 次元ブロック サイクリック分散スキーム
parallel.Poolワーカーの並列プール

例および使用方法

概念