Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

sgtitle

サブプロット グリッドへのタイトルの追加

説明

sgtitle(txt) は現在の Figure でサブプロットのグリッドの上にタイトルを追加します。Figure が存在しない場合、このコマンドが作成します。

sgtitle(target,txt) は、現在の Figure ではなく、指定した Figure、パネル、またはタブでサブプロット グリッドにタイトルを追加します。

sgtitle(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、テキスト プロパティを変更します。たとえば、'FontSize',12 は 12 ポイントのフォントを指定します。プロパティの一覧については、Text のプロパティ を参照してください。名前と値のペアの引数は、その他すべての入力引数の後に指定します。

sgt = sgtitle(___) は、タイトルの作成に使用したサブプロット Text オブジェクトを返します。

すべて折りたたむ

4 つのサブプロットを含む Figure を作成します。各サブプロットにタイトルを追加して、タイトル全体をサブプロット グリッドに追加します。

subplot(2,2,1)
title('First Subplot')
subplot(2,2,2)
title('Second Subplot')
subplot(2,2,3)
title('Third Subplot')
subplot(2,2,4)
title('Fourth Subplot')

sgtitle('Subplot Grid Title')

プロパティを設定してタイトルの外観を変更します。まず名前と値のペアの引数を使用し、その後、作成した Text オブジェクトを返し、ドット表記を使用します。

名前と値のペアの引数を使用して Color プロパティを変更します。次に、ドット表記を使用して FontSize プロパティを変更します。

subplot(2,1,1)
title('First Subplot')
subplot(2,1,2)
title('Second Subplot')

sgt = sgtitle('Subplot Grid Title','Color','red');
sgt.FontSize = 20;

入力引数

すべて折りたたむ

表示するテキスト。文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、string 配列、または数値として指定します。

例: 'my label'

例: {'first line','second line'}

例: string('my label')

例: 123

テキストに数値変数を含めるには、関数 num2str を使用します。以下に例を示します。

x = 42;
txt = ['The value is ',num2str(x)];

上付き文字、下付き文字、ギリシャ文字、数学記号などの特殊文字を含めるには、TeX マークアップを使用します。サポートされるマークアップの一覧については、Text オブジェクトの Interpreter プロパティを参照してください。

複数行のテキストを作成するには、以下の規則を使用します。

  • cell 配列を使用して、{'first line','second line'} のように、各セルにテキストを 1 行ずつ含めます。

  • string 配列を使用して、string({'line one','line two'}) のように、各要素にテキストを 1 行ずつ含めます。

  • 文字配列を使用して、['abc'; 'ab '] のように、各行に同じ数の文字を含めます。

  • sprintf を使用して、sprintf('first line \n second line') のように、改行文字を含むテキストを作成します。このプロパティは、改行文字を含むテキストを cell 配列に変換します。

テキストに数値のみが含まれている場合、sprintf('%g',value) を使用して変換されます。たとえば、123456781.23457e+07 として表示されます。

サブプロット グリッド コンテナー。FigurePanel または Tab オブジェクトとして指定します。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: sgtitle('My Title','FontSize',14)

メモ

ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、Text のプロパティ を参照してください。

フォント サイズ。ポイント単位のゼロより大きいスカラー値として指定します。既定のフォント サイズは、特定のオペレーティング システムとロケールによって異なります。1 ポイントは 1/72 インチです。フォントの単位を変更するには、FontUnits プロパティを使用します。

例: 12

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

フォント名。サポートされているフォント名または 'FixedWidth' として指定します。テキストを正しく表示し印刷するには、システムでサポートされているフォントを選択しなければなりません。既定のフォントは、オペレーティング システムとロケールによって異なります。

どのロケールでもテキストが整って見える固定幅のフォントを使用するには、'FixedWidth' を使用します。固定幅フォントは、ルートの FixedWidthFontName プロパティによって決まります。ルートの FixedWidthFontName プロパティを設定すると、表示内容が新しいフォントを使用して直ちに更新されます。

参考

関数

プロパティ

R2018b で導入