ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.net.http.io.FileProvider クラス

パッケージ: matlab.net.http.io
スーパークラス: matlab.net.http.io.ContentProvider, matlab.mixin.Copyable

ファイルを送信する ContentProvider

説明

FileProvider オブジェクトは 1 つ以上のファイルをサーバーに送信するのに便利です。

matlab.net.http.io.FileProvider クラスは handle クラスです。

作成

説明

providers = FileProvider(files) は、files 配列のファイルごとに 1 つずつ FileProvider の配列を作成します。エントリごとに 1 つのファイルがサーバーに送信されます。

ファイルの末尾に達する前にファイル転送を終了するには、FileSize プロパティを目的のバイト数に設定します。転送を終了する位置をファイルを読み取りながら内容に基づいて決定するには、サブクラスを記述し、読み取り中のデータを調べながら転送を終了する stop 戻り値を設定するように getData をオーバーライドします。

providers = FileProvider(files,permission,machineformat,encoding) は、ファイルを開くオプションを指定します。

providers = FileProvider(fileIds) は、ファイル識別子で指定された FileProvider を作成します。現在のファイル位置指定子からファイルの末尾までの内容が読み取られます。ファイル識別子は転送の完了時に閉じられません。このメソッドは、ファイルを既に開いていて後続の部分だけを転送する場合に便利です。これを行うには、ファイルを開き、ファイル位置指定子をファイル内のデータの転送を開始する位置に設定して、このコンストラクターにそのファイル識別子を渡します。また、FileSize を設定して合計バイト数を制限したり、転送を終了する位置を制御するサブクラスを記述したりすることもできます。

入力引数

すべて展開する

1 つ以上のファイル名。string、string 配列、文字ベクトル、または文字ベクトルの cell 配列として指定します。ファイル名の使用の詳細については、fopen を参照してください。

データ型: char | string

ファイル アクセス タイプ。string として指定します。permission が指定されている場合、書き込みアクセスを許可しなければなりません。既定値は 'w+' であり、読み取りおよび書き込みのためにファイルを開くか作成し、既存のコンテンツを破棄します (存在する場合)。

データ型: char | string

バイトまたはビットの読み取りまたは書き込みの順序。関数 fopen によって許可される任意の値として指定します。

データ型: char | string

文字エンコード。関数 fopen によって許可される任意の値として指定します。

データ型: char | string

1 つ以上のファイル識別子。double または double の配列として指定します。

プロパティ

すべて展開する

パブリック プロパティ

入力引数から導出されるファイルの絶対パス。string として指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
Dependent
true

送信するバイト数。double として指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

送信する要求メッセージ。matlab.net.http.RequestMessage オブジェクトとして指定されます。

このプロパティはサブクラスの作成にのみ使用されます。このプロパティは、このプロバイダーで他のメソッドを呼び出す前であり、かつヘッダー フィールドを追加したりメッセージを検証したりする前に、このプロバイダーが Body に配置された RequestMessageRequestMessage.send メソッドと RequestMessage.complete メソッドで設定されます。プロバイダーは、このメッセージを調べて元の要求の内容を確認できます。

デリゲートの場合、このプロパティの値はデリゲーターと同じになります。ContentProvider がデリゲートである場合は、必ずしも要求メッセージの本文全体を提供するわけではないため、この Request のヘッダー フィールドがそのプロバイダーで提供するデータに関連するものであるとは限らないことに注意が必要です。通常、デリゲートでは、この要求のデータ関連のヘッダー フィールド (Content-Type など) は無視します。

このメッセージへのヘッダー フィールドの追加や既存のヘッダー フィールドの変更をプロバイダーで行う場合は、complete メソッドで Header プロパティにそれらのフィールドを追加します。それらのフィールドに対する処理は、complete の呼び出し元 (RequestMessage またはデリゲート元のプロバイダー) で決定されます。RequestMessage.sendRequestMessage.complete は、それらのフィールドを RequestMessageHeader に常にコピーします。デリゲート元のプロバイダーでは、フィールドをそれぞれの Header プロパティにコピーしたりメッセージに挿入したりできます (MultipartProvider の場合と同様)。詳細については、Header プロパティを参照してください。

このプロパティは読み取り専用です。

属性:

GetAccesspublic
SetAccessmatlab.net.http.RequestMessage

メッセージまたはパートのヘッダー フィールド。1 つ以上の matlab.net.http.HeaderField オブジェクトのベクトルとして指定されます。

このプロパティはサブクラスの作成にのみ使用されます。このプロパティは、プロバイダーの complete を呼び出す前に MATLAB® で設定されます。マルチパート メッセージ以外については、このプロパティは、MATLAB によって matlab.net.http.field.GenericFields や値が空のフィールドを除いた Request.Header の内容に初期化されます。ContentProvider では、送信するデータを示すヘッダー フィールドを追加したり、メッセージの既存のヘッダー フィールドにパラメーターを追加したりする場合にこのプロパティを使用します。MultipartProvider のデリゲートでは、このプロパティは、MATLAB によってデリゲート元のプロバイダーが挿入するパート用のヘッダー フィールドに初期化されます。これらのフィールドはデリゲートで変更が可能です。

マルチパート メッセージ以外では、プロバイダーの complete メソッドから戻ると、MATLAB はこのプロパティを読み取って、その内容を Request のヘッダーにマージします。この Header に含まれるフィールドの NamesRequest.Header にない場合、Request.Header の末尾に追加されます。この Header に含まれるフィールドの NameRequest.Header に含まれるフィールドと同じで、どちらの Values も空でない場合は、次のように処理されます。

  • Request.Header のフィールドが GenericField の場合、Header のフィールドは無視されます。

  • Request.Header のフィールドが GenericField でない場合、Header のフィールドに置き換えられます。

これらの一方または両方の Value が空の場合は、Request.Header からフィールドが削除され、メッセージの正常な終了時にも追加されません。

MultipartProvider のデリゲートの場合は、この Header の内容全体がパートのヘッダーとして使用されます。マルチパート デリゲートでは、Request.Header にその Header に付随する任意のフィールドが含まれていると想定してはなりません。プロバイダーがマルチパート デリゲートであるかどうかは MyDelegatorMultipartProvider かどうかを確認すれば特定できますが、このテストが必要になることはほとんどありません。

このプロパティが MATLAB で読み取られるのは、プロバイダーの complete メソッドの呼び出しから戻るときだけです。MATLAB で start が呼び出された後は、この配列に対する変更は無視されます。

クラスを作成するときは、スーパークラスで complete を呼び出す前に、この (complete メソッド内の) Headerにサブクラスがフィールドを追加済みの場合があることを認識しておく必要があります。それらのフィールドは残しておいて、同じ名前のフィールドを追加しないようにすることを推奨します。ただし、フィールドへのパラメーターの追加は可能です。たとえば、既存の Content-Type フィールドに charset パラメーターがない場合、スーパークラスで追加できます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

チャンク転送コーディングを強制するかどうかを示します。boolean として指定されます。これはサブクラスの作成にのみ関係するプロパティで、マルチパート デリゲート以外のプロバイダーにのみ該当します。サブクラスでは、ForceChunked を設定することで、内容の送信にチャンク転送コーディングを使用するかどうかを制御します。false (既定) の場合、MATLAB は、メッセージの送信準備ができた時点で内容の長さがわかっているかどうかに基づいて、内容をチャンク化して送信するかどうかを決定します。

  • MATLAB で内容の長さがわかっている場合 (メッセージに Content-Length フィールドがあるか、このプロバイダーの expectedContentLength メソッドから数値が返された場合)、チャンク化して送信するかどうかを MATLAB で決定します。

  • MATLAB で内容の長さがわからない場合 (ヘッダーに Content-Length フィールドがないか、expectedContentLength の戻り値が空の場合)、MATLAB はメッセージを常にチャンク化して送信します。

ForceChunkedtrue の場合、内容の長さがわかっているかどうかに関係なく、既知の長さがチャンク サイズに満たない場合を除き、MATLAB はメッセージをチャンク化して送信します。このプロパティが true の場合は、メッセージに Content-Length フィールドを含めてはなりません。HTTP ではチャンクされたメッセージに Content-Length フィールドを含めることが許可されないためです。ただし、想定されるデータの長さを返しているかを MATLAB で検証する場合は、expectedContentLength メソッドで非ゼロの値を返すことができます。

MATLAB でメッセージをチャンク化して送信する場合、各チャンクのサイズは getData で返されたデータの長さと等しくなります。

MATLAB は、complete メソッドを呼び出してから start を呼び出すまでの間にこの値を読み取ります。このフィールドの設定は行いません。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

保護プロパティ

このプロバイダーのデリゲート先の ContentProvidermatlab.net.http.io.ContentProvider オブジェクトとして指定されます。このプロパティは、現在のデリゲート先のプロバイダーを示すために呼び出し元のプロバイダー (デリゲーター) の delegateTo メソッドで設定されます。現在のデリゲーションがない場合、値は空です。

このプロパティは complete メソッドで空に設定されます。

属性:

GetAccess
protected
SetAccess
protected

このプロバイダーのデリゲート元の ContentProvidermatlab.net.http.io.ContentProvider オブジェクトとして指定されます。

このプロパティは、ContentProvider から別のプロバイダーにメッセージのすべてまたは一部のデータの送信がデリゲートされている場合に、デリゲート元のプロバイダーを示します。たとえば、MultipartProvider はメッセージのパートを他のプロバイダーにデリゲートするため、各デリゲートに自身のハンドルを挿入します。それ以外の場合、MyDelegator は空です。このプロパティは、デリゲートの delegateTo メソッドで設定されます。

属性:

GetAccess
protected
SetAccess
protected

メソッド

すべて展開する

詳細

すべて展開する

R2018a で導入