ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.net.http.field.AcceptField クラス

パッケージ: matlab.net.http.field
スーパークラス: matlab.net.http.HeaderField, matlab.net.http.field.MediaRangeField

HTTP Accept ヘッダー フィールド

説明

AcceptField オブジェクトは要求メッセージの HTTP ヘッダー フィールドです。フィールドには、クライアントで受け入れ可能なコンテンツのタイプを示す 1 つ以上のメディア タイプ仕様が含まれます。

クラスの属性

Sealed
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

作成

説明

obj = matlab.net.http.field.AcceptField(value) は、Value プロパティを value に設定して Accept ヘッダー フィールドを作成します。

サーバーが異なる MediaType オブジェクトを返すことができ、特定のタイプのみを受信する場合に、Accept フィールドを使用します。Accept フィールドを指定しない場合、任意のタイプを受信できるとサーバーに見なされる場合があります。

プロパティ

すべて展開する

ヘッダー フィールド名。'Accept' として指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

メディア タイプ。matlab.net.http.MediaType オブジェクトのベクトル、string のベクトル、または文字ベクトルの cell 配列として指定します。すべての string は MediaType コンストラクターで受け入れ可能でなければなりません。各 Value は、オプションの品質 ('q') パラメーターを含むメディア タイプを表します。フィールドの Value プロパティは string に変換された MediaType オブジェクトのコンマ区切りリストです。

例: MediaType('application/json','q','.5')

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
Dependent
true

メソッド

すべて展開する

R2016b で導入