ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.net.http.MediaType クラス

パッケージ: matlab.net.http

HTTP ヘッダーで使用されるインターネット メディア タイプ

説明

MediaType クラスは、RFC 7231 — Media Type、3.1.1.1 節で定義されるインターネット メディア タイプを表します。MediaType クラスは、Content-Type フィールドまたは Accept フィールドの内容も表します。

作成

説明

obj = matlab.net.http.MediaType(type,paramName,paramValue) は、1 つ以上の paramName,paramValue のペアの引数で指定された追加オプションを使用して、type で指定された MediaType オブジェクトを作成します。paramName1,paramValue1,...,paramNameN,paramValueN のように、複数の paramName,paramValue ペアの引数を任意の順番で指定できます。

obj = matlab.net.http.MediaType(text)text を解析してメディア タイプを作成します。パラメーター値内の引用符とエスケープ文字は削除されます。このコンストラクターは、重複するパラメーター名での MediaType オブジェクトの作成を回避しません。

入力引数

すべて展開する

メディア タイプ。string として指定します。タイプの構文は type/subtype でなければなりません。

パラメーター名。空でない string として指定します。

パラメーター値。空でない string または関数 string で受け入れ可能なタイプとして指定します。関数 string は必要に応じて引用符とエスケープ文字を追加します。paramValue 内に引用符またはエスケープ文字を含めないでください。

メディア タイプ。string として指定します。

プロパティ

すべて展開する

基本タイプ。空でない string として指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

データ型: string

サブタイプ。空でない string として指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

データ型: string

パラメーター。n 行 2 列の string 行列として指定します。Parameters(i,1) は i 番目のパラメーターの名前で、Parameters(i,2) はその値です。パラメーター値の追加や変更を行うには、setParameter メソッドを使用します。パラメーターの並べ替えや削除を行うには、既存の MediaType オブジェクトから使用するパラメーターを選択して指定し、新しい MediaType オブジェクトを構築します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

データ型: string

メディア タイプの一部。matlab.net.http.MediaType オブジェクトとして指定します。MediaInfo には、最初の q パラメーター以降にパラメーターのない MediaType オブジェクトが含まれます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
immutable
Dependent
true

重みパラメーター q。double として指定します。q パラメーターがない場合、Weight は空になります。パラメーターを double に変換できない場合、Weight は NaN になります。このパラメーターを設定する場合、値の範囲は 0 ~ 1 でなければなりません。このパラメーターを設定すると、オブジェクトの最後の q が変更されるか、またはパラメーター リストの最後にパラメーターが 1 つ追加されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
Dependent
true

メソッド

すべて展開する

参考

R2016b で導入