ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

extractAfter

指定した位置の後にある部分文字列を抽出

説明

newStr = extractAfter(str,startStr) は、startStr の後から始まり、str の最後の文字で終わる部分文字列を抽出します。startStrstr 内で複数回出現する場合、newStrstartStr の最初の出現から str の最後までです。

str が string 配列または文字ベクトルの cell 配列の場合、extractAfterstr の各要素から部分文字列を抽出します。出力引数 newStr のデータ型は、str と同じです。

newStr = extractAfter(str,startPos) は、startPos で指定された位置の後から始まり、str の最後の文字で終わる部分文字列を抽出します。

すべて折りたたむ

string 配列を作成して、部分文字列の後に出現するテキストを選択します。

R2017a 以降、二重引用符を使用して string を作成できるようになりました。

str = "The quick brown fox"
str = 
"The quick brown fox"

部分文字列 "quick " の後に出現する部分文字列を抽出します。関数 extractAfter は新しいテキストを選択し、出力には "quick " を含めません。

newStr = extractAfter(str,"quick ")
newStr = 
"brown fox"

string 配列の要素から新しい string 配列を作成します。異なる部分文字列を位置として指定する場合、その部分文字列は、入力 string 配列と同じサイズの string 配列または cell 配列に含まれていなければなりません。

str = ["The quick brown fox jumps";"over the lazy dog"]
str = 2x1 string array
    "The quick brown fox jumps"
    "over the lazy dog"

newStr = extractAfter(str,["quick ";"the "])
newStr = 2x1 string array
    "brown fox jumps"
    "lazy dog"

また、入力 string 配列のすべての要素に適用する位置として、1 つの部分文字列を指定することもできます。

指定した位置の後に string を作成します。

R2017a 以降、二重引用符を使用して string を作成できるようになりました。

str = "Edgar Allen Poe"
str = 
"Edgar Allen Poe"

12 番目の文字の後の部分文字列を選択します。

newStr = extractAfter(str,12)
newStr = 
"Poe"

string 配列の各要素から部分文字列を選択します。数値配列を使用して異なる位置を指定する場合、数値配列は入力 string 配列と同じサイズでなければなりません。

str = ["Edgar Allen Poe";"Louisa May Alcott"]
str = 2x1 string array
    "Edgar Allen Poe"
    "Louisa May Alcott"

newStr = extractAfter(str,[12;11])
newStr = 2x1 string array
    "Poe"
    "Alcott"

各要素から部分文字列を選択し、同じ位置を指定します。

newStr = extractAfter(str,6)
newStr = 2x1 string array
    "Allen Poe"
    " May Alcott"

文字ベクトルを作成します。次に、chr の部分文字列である新しい文字ベクトルを作成します。

chr = 'peppers and onions'
chr = 
'peppers and onions'

12 番目の位置の後のテキストを選択します。

newChr = extractAfter(chr,12)
newChr = 
'onions'

部分文字列の後のテキストを選択します。

newChr = extractAfter(chr,'and ')
newChr = 
'onions'

入力引数

すべて折りたたむ

入力テキスト。string 配列、文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として指定します。

データ型: string | char | cell

抽出する部分文字列の開始を示す文字列。string 配列、文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として指定します。extractAfter は、抽出する部分文字列から startStr を除外します。

str が string 配列または文字ベクトルの cell 配列の場合、startStr は、文字ベクトル、string スカラー、str と同じサイズの string 配列または cell 配列のいずれかとして指定できます。

データ型: string | char | cell

抽出する部分文字列の開始位置。数値配列として指定します。extractAfter は、抽出する部分文字列から start の位置にある文字を除外します。

str が string 配列または文字ベクトルの cell 配列の場合、startPos は数値スカラーまたは str と同じサイズの数値配列にすることができます。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

出力テキスト。string 配列、文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として返されます。

データ型: string | char | cell

拡張機能

R2016b で導入