Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

乱数発生器

シード、分布、アルゴリズム

関数 randrandn、および randi を使用して疑似乱数のシーケンスを作成し、関数 randperm を使用してランダムに置換された整数のベクトルを作成します。結果の反復性を制御するには、関数 rng を使用します。乱数発生をより高度に制御する必要がある場合は、RandStream クラスを使用します。

関数

すべて展開する

rand一様分布の乱数
randn正規分布した乱数
randi整数の一様分布の疑似乱数
randperm整数のランダム置換
rng乱数発生器の制御
RandStream乱数ストリーム

トピック

乱数発生

乱数配列の作成

randrandirandn および randperm を使用して、乱数配列を作成します。

指定範囲内の乱数

この例では、特定区間の一様分布から得た浮動小数点数の乱数の配列を作成する方法を説明します。

ランダムな整数

この例では、特定の数値集合上の離散一様分布から得た整数値の乱数からなる配列を作成する方法を説明します。

指定の平均値と分散をもつ正規分布からの乱数

この例では、指定の平均と分散をもつ正規分布から得た浮動小数点数の乱数からなる配列を作成する方法を説明します。

球内の乱数

この例では、球内に乱数の点を作成する方法を説明します。

起動後に乱数が繰り返される理由

MATLAB® の再起動時に乱数配列の繰り返しを回避します。

rand と randn の非推奨構文の置換

randrandn の非推奨構文を置換します。

乱数発生の制御

乱数発生器の制御

この例では、乱数発生器を制御する関数 rng を使用する方法を示します。

再現可能な乱数の生成

この例では、はじめにシードを指定することにより乱数の配列を繰り返し作成する方法を示します。毎回同じシードを使用して乱数発生器を初期化することにより、常に同じ結果が得られます。

異なる乱数の生成

この例では、MATLAB を再起動した際に同じ乱数の配列が繰り返されないようにする方法を示します。

複数のストリームやサブストリームの制御

RandStream を使用したグローバル ストリームの管理

この例では、RandStream クラスを使用して、グローバル ストリームからの乱数発生を制御する方法を説明します。

複数のストリーム

この例では、RandStream を使用して複数の独立した乱数ストリームを作成します。

乱数ストリームの作成と管理

この例では、RandStream を使用して乱数ストリームとサブストリームを作成する方法を説明します。