Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Microsoft .NET 入門

MATLAB® で .NET をすぐにご利用いただくために役立つ例と概念

.NET のインターフェイスでは、MATLAB 環境への .NET アセンブリの取り込み、アセンブリに含まれるクラスからのオブジェクトの作成、およびそれらのオブジェクトのメソッドの呼び出しができます。

MATLAB が .NET Framework をサポートするのは、Windows® プラットフォーム上のみです。

関数

NET.addAssembly.NET アセンブリを MATLAB に表示する
NET.isNETSupportedサポート対象の Microsoft .NET Framework の確認
NETMATLAB .NET インターフェイスの関数の概要
enableNETfromNetworkDrive(削除予定) ネットワーク ドライブからの .NET コマンドへのアクセスを有効にする

クラス

NET.Assembly.NET アセンブリのメンバー
NET.NetException.NET 例外のエラー情報のキャプチャ

トピック

単純な .NET クラスへのアクセス

この例では、システムにインストール済みの .NET 機能にアクセスする方法を説明します。

グローバル .NET アセンブリの読み込み

この例では、.NET クラスを MATLAB で認識できるようにする方法を説明します。

.NET を使用した Microsoft Excel スプレッドシートでの作業

この例では、Microsoft.Office.Interop.Excel.ApplicationClass クラスを使用してスプレッドシートを作成し、そこに MATLAB データをコピーしてからスプレッドシートを閉じます。

.NET を使用した Microsoft Word ドキュメントでの作業

この例では、Microsoft.Office.Interop.Word.ApplicationClass クラスを使用して Word ドキュメントを作成します。

MATLAB 例での .NET アプリケーションのビルド

MATLAB に収められている .NET の例のビルドに関する基本情報。

.NET クラス名の簡略化

MATLAB 関数 import を使用して .NET クラス名を参照する。

MATLAB 関数における import の使用

関数 NET.addAssembly および import を使用するためのガイドライン。

入れ子にされたクラス

リフレクションを使用して、入れ子にされたクラスをインスタンス化します。

.NET 例外の処理

MATLAB は、.NET によってスローされた例外をキャッチし、NET.NetException オブジェクトに変換します。

アセンブリは .NET クラスのライブラリである

"アセンブリ" は、連携して動作するようにビルドされた型およびリソースの集まりであり、.NET Framework アプリケーションにおける機能の論理単位を形成します。

.NET への MATLAB インターフェイスを使用するためのシステム要件

.NET Framework のサポートされているバージョンの使用。

MATLAB からの .NET の使用

MATLAB から .NET を使用することの利点。

.NET オブジェクトの使用

.NET オブジェクトの作成方法。

.NET の用語

名前空間および参照型と値型について。

トラブルシューティング

ネットワーク ドライブからのセキュリティ ポリシー設定のトラブルシューティング

R2012b 以前の MATLAB リリースでは、関数 enableNETfromNetworkDrive を呼び出して MATLAB セキュリティ ポリシーのエントリを作成します。

.NET サポートの制約

MATLAB でサポートされない .NET の機能。

.NET 配列のサポートの制限

MATLAB でサポートされない .NET の機能。

.NET メソッドのサポートの制限

MATLAB でサポートされない .NET の機能。

.NET イベントのサポートの制限

MATLAB でサポートされない .NET の機能。

.NET デリゲートのサポートの制限

MATLAB でサポートされない .NET の機能。

.NET 列挙型のサポートの制限

MATLAB でサポートされない .NET の機能。