ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

データ型

MATLAB® と .NET 間のデータの変換とデータの受け渡し

.NET のメソッドまたは関数を呼び出すと、MATLAB によって、ほとんどのプリミティブ型の MATLAB 引数が .NET の型に自動的に変換されます。string の配列を渡すには、関数 cell を使用します。その他の MATLAB 型の配列を渡すには、関数 NET.createArray を使用します。構造体配列、スパース配列または複素数を .NET メソッドに渡すことはできません。

MATLAB では、プリミティブ .NET 戻り値型は、等価な MATLAB 型が存在する場合には、その型に自動的に変換されます。System.String オブジェクトを変換するには、関数 char を呼び出します。.NET 関数が配列を返す場合、MATLAB コマンドでそのデータを使用する前に、方形配列の場合は対応する MATLAB 数値関数、ジャグ配列の場合は関数 cell を使用します。

関数

cellcell 配列
NET.createArray非原始 .NET 型の配列
NET.disableAutoReleaseMATLAB が COM オブジェクトを解放しないように、ランタイム呼び出し可能ラッパー (COM ラッパー) を表す .NET オブジェクトをロックします。
NET.enableAutoReleaseMATLAB が COM オブジェクトを解放するように、ランタイム呼び出し可能ラッパー (COM ラッパー) を表す .NET オブジェクトのロックを解除します。

トピック

.NET オブジェクトへのデータの受け渡し

MATLAB はメソッドの引数を .NET 型に自動的に変換します。

.NET オブジェクトから返されるデータの処理

C# .NET 型の MATLAB 型へのマッピング。

数値の引数の受け渡し

MATLAB は、.NET の数値データと、等価の MATLAB データとの間の変換を自動的に行います。

System.String 引数の受け渡し

System.String 引数を使用する例。

.NET データの cell 配列の受け渡し

MATLAB で入れ子になった System.Object 配列の内容を操作するためのヒント。

Excel スプレッドシート データの cell 配列の読み取り

この例では、Microsoft® Excel® スプレッドシート データの列を MATLAB 型に変換する方法を説明します。

System.Enum 引数の受け渡し

System.Enum 引数を使用する例。

System.Nullable 引数の受け渡し

この例では、System.Nullable 型の引数をもち、その引数の基となる値の型が double である .NET メソッドの処理方法を示します。

ジャグ配列の受け渡し

この例では、関数 NET.createArray を使用して System.Double 型の .NET ジャグ配列を作成する方法を説明します。

入れ子にされた System.Object 配列の変換

この例では、関数 cell を使用して、入れ子にされた System.Object 配列内のデータを変換する方法を説明します。

.NET アプリケーションによる配列の使用

MATLAB プリミティブ型の変換表の説明にあるように、MATLAB は配列を .NET 型に自動的に変換します。

.NET 配列の cell 配列への変換

関数 cell を使用して、配列 System.String と配列 System.Object を MATLAB の cell 配列に変換。

トラブルシューティング

.NET 配列のサポートの制限

MATLAB でサポートされない .NET の機能。