Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB での .NET 列挙型

MATLAB® での .NET 列挙型の作成と結合

MATLAB では、MATLAB 列挙型クラスの機能および .NET Framework に固有の機能の一部を使用して、.NET 列挙型を操作できます。

列挙型には、メンバー、メソッドおよび元の値が含まれます。以下の用語は知っておいてください。

  • 列挙型 — MATLAB では、名前付きインスタンスの有限セットをもつクラス。以下のトピックでの enumeration は .NET 列挙型を指します。

  • 列挙メンバー — 列挙型クラスの名前付きインスタンス。

  • 基となる値 — 列挙メンバーに関連付けられている数値。

メモ

MATLAB 言語では、ユーザー定義の列挙型クラスをサポートします。MATLAB で定義された列挙型を使用している場合は、MATLAB クラスの作成列挙型カテゴリのトピックを参照してください。

関数

bitnot.NET 列挙オブジェクトのビット単位の NOT インスタンス メソッド

トピック

System.Enum 引数の受け渡し

System.Enum 引数を使用する例。

NetDocEnum アセンブリの例

ソース コード例。

.NET 列挙メンバーの操作

この例では、System.DayOfWeek 列挙型を使用します。

.NET 列挙メンバーの参照

列挙型のインスタンスとして、コード内で "列挙メンバー" を使用します。

.NET 列挙型メンバーを文字ベクトルとして表示

列挙型のわかりやすい名前を取得するには、char メソッドを使用します。

.NET 列挙値の double 型への変換

.NET 列挙値の変換方法。

.NET 列挙型での反復

この例では、System.DayOfWeek 列挙型のメンバー名を表示する方法を示します。

.NET 列挙型を使用した条件のテスト

関係演算子を使用すると、if および switch のステートメントや、等式をテストする他の関数で列挙型メンバーを使用できます。

.NET 列挙型でのビット フラグの使用

この例では、列挙型のメンバーを組み合わせて MATLAB 変数を作成する方法を示します。

特殊なシステム フォルダー パスの読み取り

この例では、Microsoft® Environment.SpecialFolder 列挙型を使用する方法を示します。

列挙の既定のメソッド

既定で MATLAB は .NET 列挙型用に関係演算子、変換メソッド、およびビット単位メソッドを提供します。

基となる列挙値

MATLAB は任意の数値型の列挙型をサポートします。

トラブルシューティング

.NET 列挙型のサポートの制限

MATLAB でサポートされない .NET の機能。