ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

一般的な幾何学的変換

サイズ変更、回転、トリミング、その他の一般的な幾何学的イメージ変換の実行

これらの関数を使用して一般的な幾何学的変換を実行します。たとえば、イメージのサイズを変更するには、imresize を使用します。

関数

imcropイメージ トリミング
imresizeイメージのサイズ変更
imresize33 次元ボリューム強度イメージのサイズ変更
imrotateイメージの回転
imrotate33 次元ボリューム グレースケール イメージの回転
imtranslateイメージの平行移動
impyramidイメージ ピラミッドの縮小と拡張

トピック

関数 imresize を使用したイメージのサイズ変更

この例では、イメージを拡大縮小する方法を説明します。内挿法を指定してエイリアシングを避けることができます。

イメージの回転

この例では、イメージを回転する方法を説明します。元のイメージと同じサイズになるように、回転したイメージをトリミングできます。

イメージのトリミング

イメージの一部を四角形にトリミングするには、トリミングのサイズと位置を指定するか、または対話型のツールを使用して Figure ウィンドウのイメージ上に描画します。

関数 imtranslate を使用したイメージの平行移動

この例では、与えられたピクセル数だけイメージを垂直または水平に移動する方法を説明します。