Main Content

対話的なイメージの表示および処理のツール

ツールボックスには複数のツールが含まれており、これらを使用して MATLAB® の Figure ウィンドウに表示されるイメージを操作できます。たとえば、ツールを使用して、イメージの表示の調整、イメージ データに関する情報の取得、イメージのコントラスト調整またはトリミングを行うことができます。

ツールは単独でも組み合わせても使用できます。ツールの組み合わせを開き、それらの表示と操作を初期化するカスタム イメージ処理アプリを作成できます。詳細については、対話型ツールのワークフローを参照してください。

イメージ ビューアー アプリを使用して、すべてのツールにアクセスすることもできます。

ツール説明

コントラスト調整ツール

ターゲット イメージのヒストグラムを表示し、表示範囲の操作によってコントラストおよび明度の対話形式の調整ができるようにします。

関数 imcontrast を使用して、別の Figure ウィンドウにツールを作成してイメージに関連付けます。

カラーマップの選択ツール

ターゲット Figure のカラーマップを変更できます。MATLAB カラーマップの 1 つを選択するか、MATLAB ワークスペースからカラーマップ変数を選択するか、カスタム MATLAB 関数を入力できます。

関数 imcolormaptool を使用して、別の Figure ウィンドウにツールを起動します。

イメージのトリミング ツール

イメージ上にドラッグおよびサイズ変更が可能な四角形を表示します。四角形を移動およびサイズ変更することでトリミング領域を定義できます。ダブルクリックしてトリミング操作を実行するか、またはコンテキスト メニューから [イメージのトリミング] を選択します。

関数 imcrop を使用して、ツールを作成してイメージに関連付けます。

表示範囲ツール

関連付けられたイメージの表示範囲値を表示します。

関数 imdisplayrange を使用して、ツールを作成してイメージに関連付け、Figure または Uipanel に組み込みます。

距離ツール

ドラッグとサイズ変更が可能なラインをイメージに表示します。ライン上の重ね書きは、ラインの 2 つの端点間の距離です。この距離は XData および YData プロパティで指定された単位で計測されます。既定の単位はピクセルです。

関数 imdistline を使用して、ツールを作成してイメージに関連付けます。

イメージ情報ツール

ターゲット イメージに関する基本属性を表示します。表示されるイメージがグラフィックス ファイルとして指定された場合、ツールにはイメージ ファイルに含まれるメタデータが表示されます。

関数 imageinfo を使用して、別の Figure ウィンドウにツールを作成してイメージに関連付けます。

倍率ボックス

ターゲット イメージの現在の倍率を含んでいるテキスト エディット ボックスを作成します。新しい倍率値を入力してイメージの倍率を変更できます。

関数 immagbox を使用して、ツールを作成してイメージに関連付け、Figure または Uipanel に組み込みます。

メモ

ターゲット イメージはスクロール パネルに含まれていなければなりません。

概要ツール

イメージの上に重ね描きされた四角形によって示された枠内の部分がスクロール パネル内に現在表示されているターゲット イメージ全体を表示します。四角形を移動すると、スクロール パネル内に現在表示されているターゲット イメージの部分も変わります。

関数 imoverview を使用して、別の Figure ウィンドウにツールを作成してイメージに関連付けます。

別の Figure または Uipanel 内に組み込むことができる Uipanel にツールを作成するには、関数 imoverviewpanel を使用します。

メモ

ターゲット イメージはスクロール パネルに含まれていなければなりません。

ピクセル情報ツール

マウスがターゲット イメージの上にあるピクセルに関する情報を表示します。

関数 impixelinfo を使用して、ツールを作成してイメージに関連付け、Figure または Uipanel に表示します。

ピクセル情報 ラベルを非表示にしてピクセル値のみを表示する場合は、関数 impixelinfoval を使用します。

ピクセル領域ツール

ターゲット イメージ内の指定された領域のピクセル値を表示します。

関数 impixelregion を使用して、別の Figure ウィンドウにツールを作成してイメージに関連付けます。

別の Figure または Uipanel 内に組み込むことができる Uipanel としてツールを作成するには、関数 impixelregionpanel を使用します。

イメージの保存ツール

[イメージの保存] ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボックスで出力イメージの名前を指定し、イメージの保存に使用するファイル形式を選択します。

関数 imsave を使用して、別の Figure ウィンドウにツールを作成してイメージに関連付けます。

Scroll Panel ツール

スクロール可能なパネルにターゲット イメージを表示します。

関数 imscrollpanel を使用して、Figure ウィンドウに表示されるイメージにスクロール パネルを追加します。

関連するトピック